FC2ブログ

無手札は移転しました

特撮やらプリキュアの感想を書いています。たまに雑談あり。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴田宏明プロデューサー問題点まとめ④やたらと加害者に肩入れする作風

2014.07.28 (Mon)
柴田宏明プロデューサー問題点まとめ、第四章です。

④やたらと加害者に肩入れする作風
柴田Pの作風で最も鼻に付く点、それが異様な加害者擁護です。
正直、これが最も不可解です。


A.ドキドキ!プリキュアの場合
ドキでは、レジーナという少女が敵キャラとして登場します。まずは、このキャラについて簡単に説明させていただきます。
彼女は敵の親玉の娘であり、実際に彼女も何回か人間を怪物(ジコチュー)に変えています(それも、何の罪もない真琴の恩人を)。当然、真琴は彼女を敵視します。当然の心理でしょう(※マナはこの情報について認知してます)
しかし、なぜかマナはレジーナを庇い立てし、真琴の気持ちを無視してレジーナの「友達になろう」という申し出もアッサリと了承してしまいます。(マナ曰く、「無邪気な笑顔をしていたから」らしいです。)
もちろんこの時、レジーナはまったく悪事を反省していません。

しかしその後、真琴も流れでいつの間にやらマナに同調し、なぜかレジーナを大事にするようになりました(※和解するにあたって、レジーナと真琴の間で一切ドラマが描かれてすらいない)。あまつさえ、終盤では自らレジーナを助けようと努力する始末。
最終的に、レジーナが悪事を反省したり、ジコチューに変えた人々に対して罪悪感を抱く事、まして謝罪することは一度としてありませんでした。

確かに、途中でレジーナは洗脳されて悪事を働くようになりました。しかし、上記の悪行はすべて洗脳される前に行なったことです。
「善悪がわからない無邪気な子だから仕方がない」といった擁護もあるでしょう。しかし、それでしたら尚更その善悪についてプリキュア達が教育する場面が必要だったのではないでしょうか?
そのような場面は、私の見る限り皆無でした。
「販促などがあるから、尺がなくて書けなかった」は、言い訳になりません。
その当時は、六花ありす真琴の出番を割いてまで、レジーナの描写に注力していたのです。プリキュアが教育するなり、レジーナが反省するなりの描写を入れる機会は、十分にあったはずなのです。

この他にも、ドキではトランプ王国の王様が災いを国に撒くと知りながら、ジコチューを解き放ってしまったという経緯が描かれています。確かに身内の命の危機というのはやむを得ない面もあります。しかし、だからといって大勢の人の幸福や生活を理不尽に奪って良いわけがありません。彼には反省や謝罪が必要でした。
しかし、この作品では(王の愚行の被害者でもある)キュアソードの、次の一言によって片付けられてしまいました。
「愛に罪はない! 悪いのは人を愛する心(=王の気持ちを利用した)あなたたち(=王に取り付いた黒幕的キャラ)よ!」

はいぃ?

確かに彼が愚行を行なった理由には同情すべき面があります。
しかし、罪は罪です。彼は償いをしなければなりませんし、謝罪や反省の必要があります。
それを「罪はない」と言い切るのは、あまりにも被害者に対して失礼ではないでしょうか。
そもそも愛があれば、他人に迷惑をかけて良いのでしょうか? 
良いわけないでしょう。




B.ハピプリの場合
この作品では、キュアプリンセスことひめが全ての発端でした。
彼女が開けてはならない封印を解いてしまったことで(一応、「開けてくれ」みたいな声が聞こえたからと後にフォローされましたが)、幻影帝国が復活し、結果的にいおなの姉も戦いに巻き込まれて植物状態同然の状態に陥りました。ついでに言えば、世界が幻影帝国に侵略され、世界のプリキュア達も幻影帝国との戦いに倒れました。

そして、そのことがバレてめぐみ達に嫌われることを恐れたひめは逃げ出しました。この時、ひめにいおなに対する罪悪感や謝罪の感情はまったくありませんでした。
しかし、彼女にめぐみはこう言い出しました。
「ひめは悪くない、悪いのは幻影帝国だよ!」
そして、作中での話の流れとして、なぜか被害者側であり客観的に見て明らかに非はないいおなのほうが、「ひめをいじめる悪いひと」のような描き方をされました。

一応、結果論としては、ひめが(なぜか唐突に)いおなのことを心配する流れになり、ひめがいおなに謝罪し、いおなも自身も冷たくあたっていたと反省し、双方が和解しました。


ひめといおなのこの一連の流れは、恐らく前作のレジーナと真琴で描かなかった部分を流用してみたのでしょう。確かに、一応両方に非があったという流れに持っていき、きちんと和解に尺を用いた分、ドキよりはマシでした。
しかしその過程では、
「気の弱いけど頑張ってるひめちゃんに辛く当たるいおなが悪い、話を聞かないいおなが悪い!!」という偏った視点による描き方をし、明らかに加害者側(ひめ)への肩入れが伺えます。

もう一度言いますが、客観的に見て、いおなには何の非もありません。確かにひめの話を聞かなかったことが問題視されますが、彼女は間接的とはいえ、ひめが原因で理不尽に家族を奪われたわけです。心情から考えて、十分に理解できる行動で情状酌量の余地があります。交通事故で家族を奪われた人間が加害者を憎むのは当然でしょう。似たようなものです。

どんなに理由があろうと、ひめが多くの人に迷惑をかけたことは変わりありません。彼女が最初に被害者に対峙したとき取るべき行動は、謝ることでした。しかし、誰ひとりとして彼女に謝るよう説いた人間は存在せず、なぜかひめが唐突に心変わりして自発的に謝るという経緯でした。
もちろん結果的にいおなに謝罪をしたのは褒められるべきことですが、その過程は論理的に理解できるものではありませんでした。

以上の件から、柴田P作品ではやたらと加害者に肩入れする作風だと分かります。正直言って、キャラクターの行動を客観的に見ることができず、贔屓しているようにしか思えないですね。





「じゃあ、せつなとエレンはどうなのよ?」という反論もありそうですので、此処であらかじめ申し上げておきます。

キュアビートとキュアパッション

この二人の場合は、まず自身の過ちを自覚し、人々を苦しめたと、罪悪感に苦しむ場面が非常に丁寧に描かれていました。謂わば、彼女たちは被害者側に立った考え方をしていたわけで、根本から上記の人達とは異なります。満薫は言うまでもありません。
それ故に、彼女たちは児童視聴者を含む大半の視聴者に受け入れられ、人気キャラクターとなれたわけです。

すなわち、梅澤Pは悪役の改心ドラマを描くにあたって、しっかり良識を持った上で丁寧に描くよう心がけていたというわけです。柴田氏も、彼を見習ったらどうなんですかね?
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。