FC2ブログ

無手札は移転しました

特撮やらプリキュアの感想を書いています。たまに雑談あり。

指定期間 の記事一覧

柴田宏明プロデューサー問題点まとめ(目次)

2014.07.28 (Mon)
※当記事は柴田宏明氏への批判・アンチ記事となっています。彼の作品がお好きな方は、閲覧をお控えいただいた方が幸いかと存じます。
本稿では、「ドキドキ!プリキュア」「ハピネスチャージプリキュア!」「デジモンセイバーズ」等、彼の担当した作品の批判もございますので、該当作品がお好きな方はご注意ください。
予めお伝えいたします。


「ドキドキプリキュア!」からプリキュアシリーズに参入した柴田宏明氏。
彼の指揮する体制となってからは、プリキュアは問題点が多く散見されるようになりました。
では、彼の作品にはどのような問題点があるか?

それは、次の七つに集約されると思われます。

①作品に明確な信念が感じられない
②女性らしい主人公が描けない(だから、やたらと『愛』という言葉を押し出す)
③『守るべき日常』『家族』が描けてない(または描写不足)
④やたらと加害者に肩入れする作風
⑤おかしな倫理観
⑥勧善懲悪を描こうとしない
⑦ヒーロー物のお約束を理解できていない


では、次からその問題点について詳述させていただきます。

・・・と言いたいところですが、あんまりにも長くなってしまったため、本記事は目次とさせていただきます。
それぞれの項目が書き終わり次第、後程この記事からリンクを飛ばせるよう調整いたしますので、予めご了承ください。
(7/27)とりあえず、3章まで書き終わりました。残り四章は今しばらくお待ちくださいませ。
(7/28)一応全章書き終わりました。長らくお待たせいたしまして、大変申し訳ございません。
スポンサーサイト



柴田宏明プロデューサー問題点まとめ(目次)

2014.07.28 (Mon)
※当記事は柴田宏明氏への批判・アンチ記事となっています。彼の作品がお好きな方は、閲覧をお控えいただいた方が幸いかと存じます。
本稿では、「ドキドキ!プリキュア」「ハピネスチャージプリキュア!」「デジモンセイバーズ」等、彼の担当した作品の批判もございますので、該当作品がお好きな方はご注意ください。
予めお伝えいたします。


「ドキドキプリキュア!」からプリキュアシリーズに参入した柴田宏明氏。
彼の指揮する体制となってからは、プリキュアは問題点が多く散見されるようになりました。
では、彼の作品にはどのような問題点があるか?

それは、次の七つに集約されると思われます。

①作品に明確な信念が感じられない
②女性らしい主人公が描けない(だから、やたらと『愛』という言葉を押し出す)
③『守るべき日常』『家族』が描けてない(または描写不足)
④やたらと加害者に肩入れする作風
⑤おかしな倫理観
⑥勧善懲悪を描こうとしない
⑦ヒーロー物のお約束を理解できていない


では、次からその問題点について詳述させていただきます。

・・・と言いたいところですが、あんまりにも長くなってしまったため、本記事は目次とさせていただきます。
それぞれの項目が書き終わり次第、後程この記事からリンクを飛ばせるよう調整いたしますので、予めご了承ください。
(7/27)とりあえず、3章まで書き終わりました。残り四章は今しばらくお待ちくださいませ。
(7/28)一応全章書き終わりました。長らくお待たせいたしまして、大変申し訳ございません。

柴田宏明プロデューサー問題点まとめ⑦ヒーロー物のお約束を理解できていない

2014.07.28 (Mon)
柴田宏明プロデューサー問題点まとめ、第七章です。


⑦ヒーロー物のお約束を理解できていない

柴田氏は、平成ライダーがお好きと伺っております。
おそらく、「クウガ」以降のリアルドラマ志向がお好きなのでしょう。実際、それに影響されたのか、ドキドキ!プリキュアとハピネスチャージプリキュア!では、次のような描写がなされています。


A.ドキの場合
・プリキュアの情報がネットに流れる
・ありすがその情報を隠蔽
・終盤にはマナが自ら正体をばらす(※シャルルに正体バラすなと注意されていた)
・最終回はプリキュアが政府公認となる


B.ハピの場合
・序盤からプリキュアの存在が世間に認知されている
・世界中に大量のプリキュアが存在し、活躍している
・マスコミがそれらを報道している
・プリキュアは少女たちの憧れ




これらの描写を見る限り、柴田氏は平成ライダーシリーズがお好きと言うことで、それに倣ってリアル志向を作品に取り入れたいという意図が想像されます。

しかし、残念ながら、あまりにもヒーロー物の基本を分かっていないと言わざるを得ないです。

なぜヒーローが正体を隠して戦うのか、なぜヒーローの数が少なければいけないのかが、彼にはまるでわかってないわけです。いたずらにクウガのようなリアル志向を、なんでもかんでも取り入れればいいってもんじゃありません。




Q.なぜヒーローが正体を隠して戦うのか? 
A.簡単に言うと、人々からの迫害を避けるため。

更に言えば、ヒーローは悲しみや苦しみを誰かに見せてはいけないから、です。
井上敏樹御大は、嘗てユリイカのインタビューでこのような事を仰っておりました。

「ヒーローは戦いが終わったら、直ぐに名乗りもせず去らねばならない。何故なら、強い力を持つ者は人の世では疎まれるからだ。それがヒーローの悲しい宿命である」


確かにドキの市民がみな良い人だから受け入れてくれた。そういう好意的な解釈もできるでしょう。
しかし、それではリアル志向を取り入れたことと矛盾します。少なくとも全てが全て良い人というのは、あまりにリアリティがありません。
(逆に、悪い人や愚人だらけでもまた不自然ですがね。ねぇ、虚淵先生?



要するに柴田氏のリアル志向は、中途半端なわけです。



Q.なぜヒーローの数は少なければならないのか? 
A.それは、戦いの悲しみを背負う者は少ないほど良いからです。

仮面ライダークウガのOPの二番の歌詞を思い出してみましょう。
「英雄は~、ただひとりでいい~♪」
これは、戦いの苦しみ、悲しみを背負う人物は五代ひとりで沢山だ、という制作側の願いであり、そして誰かの涙を見たくない五代雄介本人の心情でもあると解釈できます。

プリキュアは基本的には中学生もしくはそれに近い年齢の若い女性が変身します。
即ち、ハピプリの世界観では、そんな若い少女達を世界中が平然と辛い戦場に立たせていると言うわけです。プリキュアが多数いるということは、そう言うことです。(※オールスターズなどはお祭り映画なので除外)
更に言えば、ハピプリでは(26話現在)若い少女たちが倒れる様に心を痛める市民は全く描写されていませんし、それどころかファントムとかいうプリキュアを専門に倒してコレクションする敵までいます。
そこまで若い女性が苦しむさまを見て喜びたいのかと、邪推したくなります。

つまり、柴田Pは所謂「平成ライダーかぶれ」の製作者であり、平成ライダー風の描写をすれば受けるだろうと甘い無策な考えを持ち、その結果作品に問題点を生み出したり、失敗したりしている人だと言えるでしょう。




以上の事から、柴田宏明プロデューサーの問題点について、ご理解いただけたでしょうか。
最後まで閲覧いただいた方は、大変お疲れ様でした。
ご拝読いただいたことに改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

反論、ご批判ございましたらお受けいたしますので、コメント欄にまでお願い致します。

柴田宏明プロデューサー問題点まとめ⑦ヒーロー物のお約束を理解できていない

2014.07.28 (Mon)
柴田宏明プロデューサー問題点まとめ、第七章です。


⑦ヒーロー物のお約束を理解できていない

柴田氏は、平成ライダーがお好きと伺っております。
おそらく、「クウガ」以降のリアルドラマ志向がお好きなのでしょう。実際、それに影響されたのか、ドキドキ!プリキュアとハピネスチャージプリキュア!では、次のような描写がなされています。


A.ドキの場合
・プリキュアの情報がネットに流れる
・ありすがその情報を隠蔽
・終盤にはマナが自ら正体をばらす(※シャルルに正体バラすなと注意されていた)
・最終回はプリキュアが政府公認となる


B.ハピの場合
・序盤からプリキュアの存在が世間に認知されている
・世界中に大量のプリキュアが存在し、活躍している
・マスコミがそれらを報道している
・プリキュアは少女たちの憧れ




これらの描写を見る限り、柴田氏は平成ライダーシリーズがお好きと言うことで、それに倣ってリアル志向を作品に取り入れたいという意図が想像されます。

しかし、残念ながら、あまりにもヒーロー物の基本を分かっていないと言わざるを得ないです。

なぜヒーローが正体を隠して戦うのか、なぜヒーローの数が少なければいけないのかが、彼にはまるでわかってないわけです。いたずらにクウガのようなリアル志向を、なんでもかんでも取り入れればいいってもんじゃありません。




Q.なぜヒーローが正体を隠して戦うのか? 
A.簡単に言うと、人々からの迫害を避けるため。

更に言えば、ヒーローは悲しみや苦しみを誰かに見せてはいけないから、です。
井上敏樹御大は、嘗てユリイカのインタビューでこのような事を仰っておりました。

「ヒーローは戦いが終わったら、直ぐに名乗りもせず去らねばならない。何故なら、強い力を持つ者は人の世では疎まれるからだ。それがヒーローの悲しい宿命である」


確かにドキの市民がみな良い人だから受け入れてくれた。そういう好意的な解釈もできるでしょう。
しかし、それではリアル志向を取り入れたことと矛盾します。少なくとも全てが全て良い人というのは、あまりにリアリティがありません。
(逆に、悪い人や愚人だらけでもまた不自然ですがね。ねぇ、虚淵先生?



要するに柴田氏のリアル志向は、中途半端なわけです。



Q.なぜヒーローの数は少なければならないのか? 
A.それは、戦いの悲しみを背負う者は少ないほど良いからです。

仮面ライダークウガのOPの二番の歌詞を思い出してみましょう。
「英雄は~、ただひとりでいい~♪」
これは、戦いの苦しみ、悲しみを背負う人物は五代ひとりで沢山だ、という制作側の願いであり、そして誰かの涙を見たくない五代雄介本人の心情でもあると解釈できます。

プリキュアは基本的には中学生もしくはそれに近い年齢の若い女性が変身します。
即ち、ハピプリの世界観では、そんな若い少女達を世界中が平然と辛い戦場に立たせていると言うわけです。プリキュアが多数いるということは、そう言うことです。(※オールスターズなどはお祭り映画なので除外)
更に言えば、ハピプリでは(26話現在)若い少女たちが倒れる様に心を痛める市民は全く描写されていませんし、それどころかファントムとかいうプリキュアを専門に倒してコレクションする敵までいます。
そこまで若い女性が苦しむさまを見て喜びたいのかと、邪推したくなります。

つまり、柴田Pは所謂「平成ライダーかぶれ」の製作者であり、平成ライダー風の描写をすれば受けるだろうと甘い無策な考えを持ち、その結果作品に問題点を生み出したり、失敗したりしている人だと言えるでしょう。




以上の事から、柴田宏明プロデューサーの問題点について、ご理解いただけたでしょうか。
最後まで閲覧いただいた方は、大変お疲れ様でした。
ご拝読いただいたことに改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

反論、ご批判ございましたらお受けいたしますので、コメント欄にまでお願い致します。

柴田宏明プロデューサー問題点まとめ⑥勧善懲悪を描こうとしない

2014.07.28 (Mon)
柴田宏明プロデューサー問題点まとめ、第六章です。

⑥勧善懲悪を描こうとしない
前章④、⑤にて執筆いたしましたことが、ここに集約されます。

確かに、多様な視点から物事を見る姿勢は大事でしょう。しかし、プリキュアの年齢層はあくまでも幼い子供達であることを忘れてはなりません。それはもう少し成長してから教えればいいだけのこと。
さらに、子供のうちからしっかりした倫理観を教え込むことは重要なことでしょう。
確かにプリキュアシリーズは大きなお友達が視聴層に含まれます。とはいえ、子供達にとっては真っ当な勧善懲悪を描いた方が教育上適切かと思われます。
良い事は良い、悪い事は悪い。
これをしっかり描かないようでは、到底子供番組を制作する資格などありません。


なお、こうした場合に引き合いに出される龍騎と555は、確かに『勧善懲悪』とは断言しづらい構造の作品でした。しかし、

「どんな理由や願いがあっても、他者に暴力をふるったり、人を殺めてはいけない」

と、『懲悪』は徹底して描いていました。(作中において、これに反した人々はほぼ例外なく報いを受けています)
真司と巧はいずれもこのテーマにしっかりと従った主人公でした。
だからこそ戦いを最後まで躊躇したり、「戦うこと(≒人を守るためオルフェノクとなった人間を倒すこと)が罪だというのなら、俺が(その罪を)背負ってやる!」の名言も残しました。
よって、これら二作は十分(orギリギリ?)子供に教訓を与えていますし、目を向けていると言えるでしょう。

柴田宏明プロデューサー問題点まとめ⑥勧善懲悪を描こうとしない

2014.07.28 (Mon)
柴田宏明プロデューサー問題点まとめ、第六章です。

⑥勧善懲悪を描こうとしない
前章④、⑤にて執筆いたしましたことが、ここに集約されます。

確かに、多様な視点から物事を見る姿勢は大事でしょう。しかし、プリキュアの年齢層はあくまでも幼い子供達であることを忘れてはなりません。それはもう少し成長してから教えればいいだけのこと。
さらに、子供のうちからしっかりした倫理観を教え込むことは重要なことでしょう。
確かにプリキュアシリーズは大きなお友達が視聴層に含まれます。とはいえ、子供達にとっては真っ当な勧善懲悪を描いた方が教育上適切かと思われます。
良い事は良い、悪い事は悪い。
これをしっかり描かないようでは、到底子供番組を制作する資格などありません。


なお、こうした場合に引き合いに出される龍騎と555は、確かに『勧善懲悪』とは断言しづらい構造の作品でした。しかし、

「どんな理由や願いがあっても、他者に暴力をふるったり、人を殺めてはいけない」

と、『懲悪』は徹底して描いていました。(作中において、これに反した人々はほぼ例外なく報いを受けています)
真司と巧はいずれもこのテーマにしっかりと従った主人公でした。
だからこそ戦いを最後まで躊躇したり、「戦うこと(≒人を守るためオルフェノクとなった人間を倒すこと)が罪だというのなら、俺が(その罪を)背負ってやる!」の名言も残しました。
よって、これら二作は十分(orギリギリ?)子供に教訓を与えていますし、目を向けていると言えるでしょう。

柴田宏明プロデューサー問題点まとめ⑤おかしな倫理観

2014.07.28 (Mon)
柴田宏明プロデューサー問題点まとめ、第五章です。


⑤おかしな倫理観
悲しい事に、ドキドキ! プリキュア(以下ドキと呼称)以降、プリキュアシリーズの倫理観はどこかおかしなものに変貌してしまいました。
ここでは、ドキドキ! プリキュアとハピネスチャージプリキュア!を例に挙げ、論じたいと思います。



例(1):アイちゃんキモ赤子の洗脳および言動への周囲の反動

(キモ赤子および洗脳についての詳細はこちら
「なによぴーすけさんったら! こんなかわいい赤ちゃんをキモ赤子なんてひどいわ!!」
と、幼気な少女ならばこの記事を読んでそうおっしゃるかもしれません。
ではなぜ、この描写が倫理的に問題だったか、ご説明いたしましょう。

正直に申し上げますと、この記憶操作というか洗脳さえなければ、正直私はここまでこの赤子妖精を憎悪して嫌う気はなかったです。それでも、能力が便利すぎて話がおもしろくならず、「ウザい」とは思ったでしょうけど。

反応がコレだけのマナもマナだ
私がこのキャラをキモ赤子と呼ぶ理由、それは母性愛を土足で汚し、踏み躙ったからです。

ドキ本編でも、子供への母親の愛情は幾度か描かれてきました。実際、マナの母がそれを語る場面が作中にはあります。

kouihanasigaattawakedaga.jpg


そこには、腹を痛めて産んだ苦労や数々の思い出や愛情が積み重なってきたはずです。それだけ母親の愛とは尊く素晴らしいものであるべきです。少なくとも子供番組ではそうあるべきです。

このキモ赤子は、そんな母親の心に、記憶操作でニセの愛情と記憶を植え付けたわけですよ。
つまり、相田あゆみの心に、彼女(=キモ赤子)を孕んだ喜びや腹を痛めて産んだ苦痛、そして育て上げた苦労や愛情といったものの、ニセモノの記憶を植え付けたわけです。
もうお分かりでしょう。私がこいつをキモ赤子と呼ぶ理由も。

そう、このキモ赤子は母性愛という人間が最も尊ぶべき感情に土足で入り込み踏み荒らした
プリキュアシリーズどころか、アニメ界でも史上最低最悪のキャラクターというわけです。

同年代の作品で言うならば、コイツはキョウリュウジャーのデーボ・キャワイーンとおんなじ事をしたわけです。そんなことをして善人ヅラをしている分、デーボスよりもタチが悪い。



例(2):街が幻影帝国に侵略されてるのに平然としてるめぐみ達。
ハピプリ第1話で見られた場面ですが、街がカビやらなんやら気持ちの悪い物体に覆われているのにめぐみ達は平然としていました。まぁめぐみだけならポジティブな性格ゆえと解釈できないこともないですが、
好意的な解釈をすれば強いプリキュアへの信頼感とも言えるでしょうが、それにしたって全く不安感などを示さない状況は異常としか言えません。誰しもがめぐみみたいにポジティブなわけでもないです。幻影帝国に怯えを見せない人が存在しないのはおかしいとしか言い様がないでしょう。



例(3):マナの問題点、そこからの成長を描こうとしない
④でも言及されていましたが、マナの問題点、そこからの成長を描こうとしない
彼女は明らかに問題点が作中で指摘されています。

・やたらと人助けする点を「お節介」「目立ちたがり」といじめっ子に言われショックを受ける(そのいじめっ子はありすにボコられた)
・真琴の気持ちを無視してレジーナとあっさり友達になろうとする
・レジーナの気持ちを無視して「愛を取り戻そう」とか囁きかける

しかし、作中でこれらの問題に向き合うことはありませんでした。ほかのシリーズでは、しっかり自分の問題点に向き合い克服して成長するドラマが描かれていたというにも関わらず。

この問題点については、制作側(特にシリーズ構成)が、「マナは正しい」という観点から抜け出せてないことが最大の要因でしょう。柴田氏は、
「(視聴してる少女達が)マナのような女の子になって欲しい」とインタビューでコメントしています。おそらく彼は、良い子のお手本になるようマイナス面を描かないようにしてきたのでしょう。

しかし、この世にマイナス面のない人間などいるでしょうか? 
というより、マイナス面から目を逸らし、描かないようにするのは、作中のキャラクターが人間らしさを失うことにも繋がります。
正直、シリーズ構成や柴田氏のマナへの考え方は、歪んでるとしか思えません。



例(4):ファントムとかいうクズ野郎の変態
子供番組でよくこんな不快な敵を描けるもんだ、と私は憤りを覚えました。
分かりやすく申し上げますと、コイツは倒したプリキュア達を半裸の状態で棺桶に閉じ込め、コレクションするというキャラクターです。
深夜アニメならばともかく、子供向け番組で性的暴力を想起させるこうした描写は、いかがなものでしょうか。
描写をもっと工夫し、刺激性の強くない表現にすることもできたはずです。石化、カードに封印されるなど。
というか晴人さんには、コイツとこんな描写にすることを決定したスタッフの皆様を、残らずぶっ倒していただきたいものです。



例(5):マスゴミヨ増子美代
ハピプリでは、なにげにこの人もおかしいです(この人に限らず、ハピプリはぐらさんといおな以外、誰も彼もがベクトルやサイズは違えど頭おかしい人が多いのですが)。
というか、この人のニュース番組を見る人も、作る人も。

めぐみの家に突撃訪問するのも報道倫理的に問題がありますし(しかも彼女の母は病弱なんですよ)、(許可はとっていたとはいえ)学校生徒に所構わずインタビューを仕掛けて迷惑をかけるのも不快でした。

さらにあんな半裸の少女を全世界に放送するとか、恥さらしもいいところです。女性としての恥じらいを守るとか、そういう配慮ができないんでしょうか?



例(6):作中における、ジコチュー化する人の判定基準およびその描写
ドキでは、基本的には心に悪意を持った人間がジコチューにされました。たとえば「信号無視したい」と言ったような。
しかし、本作ではそういった「悪いこと」とは言いづらい心情を持った人も、ジコチューにされていました。
たとえば、「CD売ってもっと大儲けしたい」、「赤ん坊の泣き声がうるさくてイラっとした」などなど。
前者は劇中でなんら不当な手段を用いてはいませんでしたし、どう見ても「悪いこと」とは言いづらいものです。
後者もイラっとすること自体はなんら悪いことではありません。後者の人は何も言わず立ち去ろうとして、むしろ寛大な人物でした。
こうした決して「悪いこと」をしてない人物まで「ジコチュー」扱いとは、視聴者に聖人になれとでも言いたいのでしょうか
また、劇中ではトランプ王国の国民達がジコチュー軍団に襲撃され、逃げ惑う場面が描かれています。その時、「自分だけが助かりたい」と思ったために、彼らはジコチューになったそうでs。


正直、私は頭にきました。まだ東日本大震災の悲しみも癒えぬ中、よくもまぁこんなふざけた描写ができたもんだなと。
この描写に加えて、さらに頭にきたのは、この場面に対するとあるファンの発言。
あまりに頭に来て脳みそが沸騰してしまい、お風呂の冷水が熱湯になってしまってカップラーメンを三個も作らざるを得なくなってしまったほど怒りを覚えました(嘘)ので、此処にその内容を完結にまとめさせていただきます。
(太字)は、筆者による補足と内容の解説と突っ込みです。



>ジコチューという敵の性質上、心の中のジコチューに負けなければ問題無いわけで
(助かりたいと思う心さえジコチューか、ふざけんな!)
>国民自身も自分の悪の心(=自分だけ助かりたいと思う心)に負けたという点では反省が必要
(生き残りたいという感情のどこが悪か、私には理解できない)

(※以下は、『「自分だけは助かりたい気持ち」に負けて怪物化したから国民にも責任があるとは酷』という意見に対するコメント)
>生き物として正常であり世界的にはそちらの方が正しいが、海外での災害では物資の奪い合いで暴動が起き、救援隊が近づけないなんてことがあった(と、事例を解説していた)
(だから何? それは単にその人たちの統制が取れてなかっただけで、「自分だけは助かりたい気持ちが悪」っていう証左にはならないんですけど)
>あれ(←おそらくトランプ王国のジコチュー軍団を指す)は国民たち自身では?
>トランプ王国民の心の協力があったら、こちらと同じように倒せていた
(=つまり、このコメントを書いた人は、「ジコチューな心を抱いたトランプ王国民が悪い」と言いたいのでしょう)





要約するのもうんざりしますが、このコメントを書いた人は要するに、
「『自分だけ助かりたいと思う心はジコチュー(=悪)』であり、それに負けたトランプ王国民にも非があるから悪い。反省しろ」とでも、仰りたいのでしょう。


はっきり申し上げれば、これを書かれた方は人生経験が未成熟なのでしょう。

確かに、震災などの極限状況では助け合いが大事ですし、311でその姿勢が高く評価されたのも事実です。
しかし、極限状況でパニックになり、自分だけでも助かりたいと考える人間がいたのも事実ではあります。しかし、それは決して「悪」とは言えないでしょう。すべての生命にとって、生き残りたいと思う心は「善」であるはずです。生命維持のための利己的な行動は、決して悪とは言えません。ましてや生か死かの極限状況なら尚更の事。
それさえも「ジコチュー(=悪)」と描いてしまうのは、あまりにも冷酷ですし、身勝手すぎる考え方です。

ちゅーか・・・。
生き残りたいと思う心さえもジコチューという描写をしてしまうことに、柴田氏の倫理観のなさが表れています。
彼が、どんな想いであの日津波に流された人達が亡くなったのか、その気持ちや苦しみを考えたことはあるのか疑問です。こういった話題を簡単にアニメに出す神経も信じられませんし、ましてや掲示板に出して論って良い内容とは思えません。

そう言いたくなるコメントでした。これ以上はこの内容について語りたくもないので、これでおしまいにします。


ついでに、同一の方による相田さんへの評は、だいたいこんなかんじでした。、
「周囲の支えや優しさ行動が無かったら、本編の「相田マナ」というキャラクターは消えており、最後に取り壊された「幸せの王子」と同じ結末になっていたかも(文化祭回参照)。つまり「相田マナ」というのは人々の愛や優しさの象徴、結果として用意されたキャラクターだったのではないか」

確かにマナが仲間に支えられて成り立っていたのは納得できます。もっとも、相田さんはそんな六花やありすの助けに対して、ほとんど感謝を示しませんでしたが。また、その仲間達が、劇中で相田さんを(精神的な面で)支えることなんてほとんどなかったんですけどね(※1)
文化祭回は、結局マナマンセーで終わり、協力の大切さを訴えた回には見えない。
そして、
”「相田マナ」というのは人々の愛や優しさの象徴、結果として用意されたキャラクター”
これは私にはまったく意味がわかりませんでした。誰か頭のいい人は解説してください。

(※1)
私が付け加えるまでもないですが、過去のシリーズでは、常にプリキュアは仲間同士精神的に支え合う場面が描かれました。
初代とSS⇒言うまでもない
5⇒りんちゃんはのぞみの面倒見いいオカンに見えて、実は彼女ものぞみに支えられていた。
フレ⇒ラブがヘタレた時、美希は誰よりも早く彼女を叱り、手を取って支えた(劇場版のこと。筆者はこのあたりのくだりでボロ泣きしました・・・)。
ハト⇒つぼみとえりかはお互いに、人格面での長所と短所を補い合って進んできた。
スイ⇒セイレーンは彼女を信じ続けるハミィに救われた
スマ⇒みゆきが落ち込んだり馬鹿にされた時は、あかねが誰よりも早く彼女を励ましたり、馬鹿にした相手に怒ったりした。

柴田宏明プロデューサー問題点まとめ⑤おかしな倫理観

2014.07.28 (Mon)
柴田宏明プロデューサー問題点まとめ、第五章です。


⑤おかしな倫理観
悲しい事に、ドキドキ! プリキュア(以下ドキと呼称)以降、プリキュアシリーズの倫理観はどこかおかしなものに変貌してしまいました。
ここでは、ドキドキ! プリキュアとハピネスチャージプリキュア!を例に挙げ、論じたいと思います。



例(1):アイちゃんキモ赤子の洗脳および言動への周囲の反動

(キモ赤子および洗脳についての詳細はこちら
「なによぴーすけさんったら! こんなかわいい赤ちゃんをキモ赤子なんてひどいわ!!」
と、幼気な少女ならばこの記事を読んでそうおっしゃるかもしれません。
ではなぜ、この描写が倫理的に問題だったか、ご説明いたしましょう。

正直に申し上げますと、この記憶操作というか洗脳さえなければ、正直私はここまでこの赤子妖精を憎悪して嫌う気はなかったです。それでも、能力が便利すぎて話がおもしろくならず、「ウザい」とは思ったでしょうけど。

反応がコレだけのマナもマナだ
私がこのキャラをキモ赤子と呼ぶ理由、それは母性愛を土足で汚し、踏み躙ったからです。

ドキ本編でも、子供への母親の愛情は幾度か描かれてきました。実際、マナの母がそれを語る場面が作中にはあります。

kouihanasigaattawakedaga.jpg


そこには、腹を痛めて産んだ苦労や数々の思い出や愛情が積み重なってきたはずです。それだけ母親の愛とは尊く素晴らしいものであるべきです。少なくとも子供番組ではそうあるべきです。

このキモ赤子は、そんな母親の心に、記憶操作でニセの愛情と記憶を植え付けたわけですよ。
つまり、相田あゆみの心に、彼女(=キモ赤子)を孕んだ喜びや腹を痛めて産んだ苦痛、そして育て上げた苦労や愛情といったものの、ニセモノの記憶を植え付けたわけです。
もうお分かりでしょう。私がこいつをキモ赤子と呼ぶ理由も。

そう、このキモ赤子は母性愛という人間が最も尊ぶべき感情に土足で入り込み踏み荒らした
プリキュアシリーズどころか、アニメ界でも史上最低最悪のキャラクターというわけです。

同年代の作品で言うならば、コイツはキョウリュウジャーのデーボ・キャワイーンとおんなじ事をしたわけです。そんなことをして善人ヅラをしている分、デーボスよりもタチが悪い。



例(2):街が幻影帝国に侵略されてるのに平然としてるめぐみ達。
ハピプリ第1話で見られた場面ですが、街がカビやらなんやら気持ちの悪い物体に覆われているのにめぐみ達は平然としていました。まぁめぐみだけならポジティブな性格ゆえと解釈できないこともないですが、
好意的な解釈をすれば強いプリキュアへの信頼感とも言えるでしょうが、それにしたって全く不安感などを示さない状況は異常としか言えません。誰しもがめぐみみたいにポジティブなわけでもないです。幻影帝国に怯えを見せない人が存在しないのはおかしいとしか言い様がないでしょう。



例(3):マナの問題点、そこからの成長を描こうとしない
④でも言及されていましたが、マナの問題点、そこからの成長を描こうとしない
彼女は明らかに問題点が作中で指摘されています。

・やたらと人助けする点を「お節介」「目立ちたがり」といじめっ子に言われショックを受ける(そのいじめっ子はありすにボコられた)
・真琴の気持ちを無視してレジーナとあっさり友達になろうとする
・レジーナの気持ちを無視して「愛を取り戻そう」とか囁きかける

しかし、作中でこれらの問題に向き合うことはありませんでした。ほかのシリーズでは、しっかり自分の問題点に向き合い克服して成長するドラマが描かれていたというにも関わらず。

この問題点については、制作側(特にシリーズ構成)が、「マナは正しい」という観点から抜け出せてないことが最大の要因でしょう。柴田氏は、
「(視聴してる少女達が)マナのような女の子になって欲しい」とインタビューでコメントしています。おそらく彼は、良い子のお手本になるようマイナス面を描かないようにしてきたのでしょう。

しかし、この世にマイナス面のない人間などいるでしょうか? 
というより、マイナス面から目を逸らし、描かないようにするのは、作中のキャラクターが人間らしさを失うことにも繋がります。
正直、シリーズ構成や柴田氏のマナへの考え方は、歪んでるとしか思えません。



例(4):ファントムとかいうクズ野郎の変態
子供番組でよくこんな不快な敵を描けるもんだ、と私は憤りを覚えました。
分かりやすく申し上げますと、コイツは倒したプリキュア達を半裸の状態で棺桶に閉じ込め、コレクションするというキャラクターです。
深夜アニメならばともかく、子供向け番組で性的暴力を想起させるこうした描写は、いかがなものでしょうか。
描写をもっと工夫し、刺激性の強くない表現にすることもできたはずです。石化、カードに封印されるなど。
というか晴人さんには、コイツとこんな描写にすることを決定したスタッフの皆様を、残らずぶっ倒していただきたいものです。



例(5):マスゴミヨ増子美代
ハピプリでは、なにげにこの人もおかしいです(この人に限らず、ハピプリはぐらさんといおな以外、誰も彼もがベクトルやサイズは違えど頭おかしい人が多いのですが)。
というか、この人のニュース番組を見る人も、作る人も。

めぐみの家に突撃訪問するのも報道倫理的に問題がありますし(しかも彼女の母は病弱なんですよ)、(許可はとっていたとはいえ)学校生徒に所構わずインタビューを仕掛けて迷惑をかけるのも不快でした。

さらにあんな半裸の少女を全世界に放送するとか、恥さらしもいいところです。女性としての恥じらいを守るとか、そういう配慮ができないんでしょうか?



例(6):作中における、ジコチュー化する人の判定基準およびその描写
ドキでは、基本的には心に悪意を持った人間がジコチューにされました。たとえば「信号無視したい」と言ったような。
しかし、本作ではそういった「悪いこと」とは言いづらい心情を持った人も、ジコチューにされていました。
たとえば、「CD売ってもっと大儲けしたい」、「赤ん坊の泣き声がうるさくてイラっとした」などなど。
前者は劇中でなんら不当な手段を用いてはいませんでしたし、どう見ても「悪いこと」とは言いづらいものです。
後者もイラっとすること自体はなんら悪いことではありません。後者の人は何も言わず立ち去ろうとして、むしろ寛大な人物でした。
こうした決して「悪いこと」をしてない人物まで「ジコチュー」扱いとは、視聴者に聖人になれとでも言いたいのでしょうか
また、劇中ではトランプ王国の国民達がジコチュー軍団に襲撃され、逃げ惑う場面が描かれています。その時、「自分だけが助かりたい」と思ったために、彼らはジコチューになったそうでs。


正直、私は頭にきました。まだ東日本大震災の悲しみも癒えぬ中、よくもまぁこんなふざけた描写ができたもんだなと。
この描写に加えて、さらに頭にきたのは、この場面に対するとあるファンの発言。
あまりに頭に来て脳みそが沸騰してしまい、お風呂の冷水が熱湯になってしまってカップラーメンを三個も作らざるを得なくなってしまったほど怒りを覚えました(嘘)ので、此処にその内容を完結にまとめさせていただきます。
(太字)は、筆者による補足と内容の解説と突っ込みです。



>ジコチューという敵の性質上、心の中のジコチューに負けなければ問題無いわけで
(助かりたいと思う心さえジコチューか、ふざけんな!)
>国民自身も自分の悪の心(=自分だけ助かりたいと思う心)に負けたという点では反省が必要
(生き残りたいという感情のどこが悪か、私には理解できない)

(※以下は、『「自分だけは助かりたい気持ち」に負けて怪物化したから国民にも責任があるとは酷』という意見に対するコメント)
>生き物として正常であり世界的にはそちらの方が正しいが、海外での災害では物資の奪い合いで暴動が起き、救援隊が近づけないなんてことがあった(と、事例を解説していた)
(だから何? それは単にその人たちの統制が取れてなかっただけで、「自分だけは助かりたい気持ちが悪」っていう証左にはならないんですけど)
>あれ(←おそらくトランプ王国のジコチュー軍団を指す)は国民たち自身では?
>トランプ王国民の心の協力があったら、こちらと同じように倒せていた
(=つまり、このコメントを書いた人は、「ジコチューな心を抱いたトランプ王国民が悪い」と言いたいのでしょう)





要約するのもうんざりしますが、このコメントを書いた人は要するに、
「『自分だけ助かりたいと思う心はジコチュー(=悪)』であり、それに負けたトランプ王国民にも非があるから悪い。反省しろ」とでも、仰りたいのでしょう。


はっきり申し上げれば、これを書かれた方は人生経験が未成熟なのでしょう。

確かに、震災などの極限状況では助け合いが大事ですし、311でその姿勢が高く評価されたのも事実です。
しかし、極限状況でパニックになり、自分だけでも助かりたいと考える人間がいたのも事実ではあります。しかし、それは決して「悪」とは言えないでしょう。すべての生命にとって、生き残りたいと思う心は「善」であるはずです。生命維持のための利己的な行動は、決して悪とは言えません。ましてや生か死かの極限状況なら尚更の事。
それさえも「ジコチュー(=悪)」と描いてしまうのは、あまりにも冷酷ですし、身勝手すぎる考え方です。

ちゅーか・・・。
生き残りたいと思う心さえもジコチューという描写をしてしまうことに、柴田氏の倫理観のなさが表れています。
彼が、どんな想いであの日津波に流された人達が亡くなったのか、その気持ちや苦しみを考えたことはあるのか疑問です。こういった話題を簡単にアニメに出す神経も信じられませんし、ましてや掲示板に出して論って良い内容とは思えません。

そう言いたくなるコメントでした。これ以上はこの内容について語りたくもないので、これでおしまいにします。


ついでに、同一の方による相田さんへの評は、だいたいこんなかんじでした。、
「周囲の支えや優しさ行動が無かったら、本編の「相田マナ」というキャラクターは消えており、最後に取り壊された「幸せの王子」と同じ結末になっていたかも(文化祭回参照)。つまり「相田マナ」というのは人々の愛や優しさの象徴、結果として用意されたキャラクターだったのではないか」

確かにマナが仲間に支えられて成り立っていたのは納得できます。もっとも、相田さんはそんな六花やありすの助けに対して、ほとんど感謝を示しませんでしたが。また、その仲間達が、劇中で相田さんを(精神的な面で)支えることなんてほとんどなかったんですけどね(※1)
文化祭回は、結局マナマンセーで終わり、協力の大切さを訴えた回には見えない。
そして、
”「相田マナ」というのは人々の愛や優しさの象徴、結果として用意されたキャラクター”
これは私にはまったく意味がわかりませんでした。誰か頭のいい人は解説してください。

(※1)
私が付け加えるまでもないですが、過去のシリーズでは、常にプリキュアは仲間同士精神的に支え合う場面が描かれました。
初代とSS⇒言うまでもない
5⇒りんちゃんはのぞみの面倒見いいオカンに見えて、実は彼女ものぞみに支えられていた。
フレ⇒ラブがヘタレた時、美希は誰よりも早く彼女を叱り、手を取って支えた(劇場版のこと。筆者はこのあたりのくだりでボロ泣きしました・・・)。
ハト⇒つぼみとえりかはお互いに、人格面での長所と短所を補い合って進んできた。
スイ⇒セイレーンは彼女を信じ続けるハミィに救われた
スマ⇒みゆきが落ち込んだり馬鹿にされた時は、あかねが誰よりも早く彼女を励ましたり、馬鹿にした相手に怒ったりした。

柴田宏明プロデューサー問題点まとめ④やたらと加害者に肩入れする作風

2014.07.28 (Mon)
柴田宏明プロデューサー問題点まとめ、第四章です。

④やたらと加害者に肩入れする作風
柴田Pの作風で最も鼻に付く点、それが異様な加害者擁護です。
正直、これが最も不可解です。


A.ドキドキ!プリキュアの場合
ドキでは、レジーナという少女が敵キャラとして登場します。まずは、このキャラについて簡単に説明させていただきます。
彼女は敵の親玉の娘であり、実際に彼女も何回か人間を怪物(ジコチュー)に変えています(それも、何の罪もない真琴の恩人を)。当然、真琴は彼女を敵視します。当然の心理でしょう(※マナはこの情報について認知してます)
しかし、なぜかマナはレジーナを庇い立てし、真琴の気持ちを無視してレジーナの「友達になろう」という申し出もアッサリと了承してしまいます。(マナ曰く、「無邪気な笑顔をしていたから」らしいです。)
もちろんこの時、レジーナはまったく悪事を反省していません。

しかしその後、真琴も流れでいつの間にやらマナに同調し、なぜかレジーナを大事にするようになりました(※和解するにあたって、レジーナと真琴の間で一切ドラマが描かれてすらいない)。あまつさえ、終盤では自らレジーナを助けようと努力する始末。
最終的に、レジーナが悪事を反省したり、ジコチューに変えた人々に対して罪悪感を抱く事、まして謝罪することは一度としてありませんでした。

確かに、途中でレジーナは洗脳されて悪事を働くようになりました。しかし、上記の悪行はすべて洗脳される前に行なったことです。
「善悪がわからない無邪気な子だから仕方がない」といった擁護もあるでしょう。しかし、それでしたら尚更その善悪についてプリキュア達が教育する場面が必要だったのではないでしょうか?
そのような場面は、私の見る限り皆無でした。
「販促などがあるから、尺がなくて書けなかった」は、言い訳になりません。
その当時は、六花ありす真琴の出番を割いてまで、レジーナの描写に注力していたのです。プリキュアが教育するなり、レジーナが反省するなりの描写を入れる機会は、十分にあったはずなのです。

この他にも、ドキではトランプ王国の王様が災いを国に撒くと知りながら、ジコチューを解き放ってしまったという経緯が描かれています。確かに身内の命の危機というのはやむを得ない面もあります。しかし、だからといって大勢の人の幸福や生活を理不尽に奪って良いわけがありません。彼には反省や謝罪が必要でした。
しかし、この作品では(王の愚行の被害者でもある)キュアソードの、次の一言によって片付けられてしまいました。
「愛に罪はない! 悪いのは人を愛する心(=王の気持ちを利用した)あなたたち(=王に取り付いた黒幕的キャラ)よ!」

はいぃ?

確かに彼が愚行を行なった理由には同情すべき面があります。
しかし、罪は罪です。彼は償いをしなければなりませんし、謝罪や反省の必要があります。
それを「罪はない」と言い切るのは、あまりにも被害者に対して失礼ではないでしょうか。
そもそも愛があれば、他人に迷惑をかけて良いのでしょうか? 
良いわけないでしょう。




B.ハピプリの場合
この作品では、キュアプリンセスことひめが全ての発端でした。
彼女が開けてはならない封印を解いてしまったことで(一応、「開けてくれ」みたいな声が聞こえたからと後にフォローされましたが)、幻影帝国が復活し、結果的にいおなの姉も戦いに巻き込まれて植物状態同然の状態に陥りました。ついでに言えば、世界が幻影帝国に侵略され、世界のプリキュア達も幻影帝国との戦いに倒れました。

そして、そのことがバレてめぐみ達に嫌われることを恐れたひめは逃げ出しました。この時、ひめにいおなに対する罪悪感や謝罪の感情はまったくありませんでした。
しかし、彼女にめぐみはこう言い出しました。
「ひめは悪くない、悪いのは幻影帝国だよ!」
そして、作中での話の流れとして、なぜか被害者側であり客観的に見て明らかに非はないいおなのほうが、「ひめをいじめる悪いひと」のような描き方をされました。

一応、結果論としては、ひめが(なぜか唐突に)いおなのことを心配する流れになり、ひめがいおなに謝罪し、いおなも自身も冷たくあたっていたと反省し、双方が和解しました。


ひめといおなのこの一連の流れは、恐らく前作のレジーナと真琴で描かなかった部分を流用してみたのでしょう。確かに、一応両方に非があったという流れに持っていき、きちんと和解に尺を用いた分、ドキよりはマシでした。
しかしその過程では、
「気の弱いけど頑張ってるひめちゃんに辛く当たるいおなが悪い、話を聞かないいおなが悪い!!」という偏った視点による描き方をし、明らかに加害者側(ひめ)への肩入れが伺えます。

もう一度言いますが、客観的に見て、いおなには何の非もありません。確かにひめの話を聞かなかったことが問題視されますが、彼女は間接的とはいえ、ひめが原因で理不尽に家族を奪われたわけです。心情から考えて、十分に理解できる行動で情状酌量の余地があります。交通事故で家族を奪われた人間が加害者を憎むのは当然でしょう。似たようなものです。

どんなに理由があろうと、ひめが多くの人に迷惑をかけたことは変わりありません。彼女が最初に被害者に対峙したとき取るべき行動は、謝ることでした。しかし、誰ひとりとして彼女に謝るよう説いた人間は存在せず、なぜかひめが唐突に心変わりして自発的に謝るという経緯でした。
もちろん結果的にいおなに謝罪をしたのは褒められるべきことですが、その過程は論理的に理解できるものではありませんでした。

以上の件から、柴田P作品ではやたらと加害者に肩入れする作風だと分かります。正直言って、キャラクターの行動を客観的に見ることができず、贔屓しているようにしか思えないですね。





「じゃあ、せつなとエレンはどうなのよ?」という反論もありそうですので、此処であらかじめ申し上げておきます。

キュアビートとキュアパッション

この二人の場合は、まず自身の過ちを自覚し、人々を苦しめたと、罪悪感に苦しむ場面が非常に丁寧に描かれていました。謂わば、彼女たちは被害者側に立った考え方をしていたわけで、根本から上記の人達とは異なります。満薫は言うまでもありません。
それ故に、彼女たちは児童視聴者を含む大半の視聴者に受け入れられ、人気キャラクターとなれたわけです。

すなわち、梅澤Pは悪役の改心ドラマを描くにあたって、しっかり良識を持った上で丁寧に描くよう心がけていたというわけです。柴田氏も、彼を見習ったらどうなんですかね?

柴田宏明プロデューサー問題点まとめ④やたらと加害者に肩入れする作風

2014.07.28 (Mon)
柴田宏明プロデューサー問題点まとめ、第四章です。

④やたらと加害者に肩入れする作風
柴田Pの作風で最も鼻に付く点、それが異様な加害者擁護です。
正直、これが最も不可解です。


A.ドキドキ!プリキュアの場合
ドキでは、レジーナという少女が敵キャラとして登場します。まずは、このキャラについて簡単に説明させていただきます。
彼女は敵の親玉の娘であり、実際に彼女も何回か人間を怪物(ジコチュー)に変えています(それも、何の罪もない真琴の恩人を)。当然、真琴は彼女を敵視します。当然の心理でしょう(※マナはこの情報について認知してます)
しかし、なぜかマナはレジーナを庇い立てし、真琴の気持ちを無視してレジーナの「友達になろう」という申し出もアッサリと了承してしまいます。(マナ曰く、「無邪気な笑顔をしていたから」らしいです。)
もちろんこの時、レジーナはまったく悪事を反省していません。

しかしその後、真琴も流れでいつの間にやらマナに同調し、なぜかレジーナを大事にするようになりました(※和解するにあたって、レジーナと真琴の間で一切ドラマが描かれてすらいない)。あまつさえ、終盤では自らレジーナを助けようと努力する始末。
最終的に、レジーナが悪事を反省したり、ジコチューに変えた人々に対して罪悪感を抱く事、まして謝罪することは一度としてありませんでした。

確かに、途中でレジーナは洗脳されて悪事を働くようになりました。しかし、上記の悪行はすべて洗脳される前に行なったことです。
「善悪がわからない無邪気な子だから仕方がない」といった擁護もあるでしょう。しかし、それでしたら尚更その善悪についてプリキュア達が教育する場面が必要だったのではないでしょうか?
そのような場面は、私の見る限り皆無でした。
「販促などがあるから、尺がなくて書けなかった」は、言い訳になりません。
その当時は、六花ありす真琴の出番を割いてまで、レジーナの描写に注力していたのです。プリキュアが教育するなり、レジーナが反省するなりの描写を入れる機会は、十分にあったはずなのです。

この他にも、ドキではトランプ王国の王様が災いを国に撒くと知りながら、ジコチューを解き放ってしまったという経緯が描かれています。確かに身内の命の危機というのはやむを得ない面もあります。しかし、だからといって大勢の人の幸福や生活を理不尽に奪って良いわけがありません。彼には反省や謝罪が必要でした。
しかし、この作品では(王の愚行の被害者でもある)キュアソードの、次の一言によって片付けられてしまいました。
「愛に罪はない! 悪いのは人を愛する心(=王の気持ちを利用した)あなたたち(=王に取り付いた黒幕的キャラ)よ!」

はいぃ?

確かに彼が愚行を行なった理由には同情すべき面があります。
しかし、罪は罪です。彼は償いをしなければなりませんし、謝罪や反省の必要があります。
それを「罪はない」と言い切るのは、あまりにも被害者に対して失礼ではないでしょうか。
そもそも愛があれば、他人に迷惑をかけて良いのでしょうか? 
良いわけないでしょう。




B.ハピプリの場合
この作品では、キュアプリンセスことひめが全ての発端でした。
彼女が開けてはならない封印を解いてしまったことで(一応、「開けてくれ」みたいな声が聞こえたからと後にフォローされましたが)、幻影帝国が復活し、結果的にいおなの姉も戦いに巻き込まれて植物状態同然の状態に陥りました。ついでに言えば、世界が幻影帝国に侵略され、世界のプリキュア達も幻影帝国との戦いに倒れました。

そして、そのことがバレてめぐみ達に嫌われることを恐れたひめは逃げ出しました。この時、ひめにいおなに対する罪悪感や謝罪の感情はまったくありませんでした。
しかし、彼女にめぐみはこう言い出しました。
「ひめは悪くない、悪いのは幻影帝国だよ!」
そして、作中での話の流れとして、なぜか被害者側であり客観的に見て明らかに非はないいおなのほうが、「ひめをいじめる悪いひと」のような描き方をされました。

一応、結果論としては、ひめが(なぜか唐突に)いおなのことを心配する流れになり、ひめがいおなに謝罪し、いおなも自身も冷たくあたっていたと反省し、双方が和解しました。


ひめといおなのこの一連の流れは、恐らく前作のレジーナと真琴で描かなかった部分を流用してみたのでしょう。確かに、一応両方に非があったという流れに持っていき、きちんと和解に尺を用いた分、ドキよりはマシでした。
しかしその過程では、
「気の弱いけど頑張ってるひめちゃんに辛く当たるいおなが悪い、話を聞かないいおなが悪い!!」という偏った視点による描き方をし、明らかに加害者側(ひめ)への肩入れが伺えます。

もう一度言いますが、客観的に見て、いおなには何の非もありません。確かにひめの話を聞かなかったことが問題視されますが、彼女は間接的とはいえ、ひめが原因で理不尽に家族を奪われたわけです。心情から考えて、十分に理解できる行動で情状酌量の余地があります。交通事故で家族を奪われた人間が加害者を憎むのは当然でしょう。似たようなものです。

どんなに理由があろうと、ひめが多くの人に迷惑をかけたことは変わりありません。彼女が最初に被害者に対峙したとき取るべき行動は、謝ることでした。しかし、誰ひとりとして彼女に謝るよう説いた人間は存在せず、なぜかひめが唐突に心変わりして自発的に謝るという経緯でした。
もちろん結果的にいおなに謝罪をしたのは褒められるべきことですが、その過程は論理的に理解できるものではありませんでした。

以上の件から、柴田P作品ではやたらと加害者に肩入れする作風だと分かります。正直言って、キャラクターの行動を客観的に見ることができず、贔屓しているようにしか思えないですね。





「じゃあ、せつなとエレンはどうなのよ?」という反論もありそうですので、此処であらかじめ申し上げておきます。

キュアビートとキュアパッション

この二人の場合は、まず自身の過ちを自覚し、人々を苦しめたと、罪悪感に苦しむ場面が非常に丁寧に描かれていました。謂わば、彼女たちは被害者側に立った考え方をしていたわけで、根本から上記の人達とは異なります。満薫は言うまでもありません。
それ故に、彼女たちは児童視聴者を含む大半の視聴者に受け入れられ、人気キャラクターとなれたわけです。

すなわち、梅澤Pは悪役の改心ドラマを描くにあたって、しっかり良識を持った上で丁寧に描くよう心がけていたというわけです。柴田氏も、彼を見習ったらどうなんですかね?
 | HOME |  Next »