FC2ブログ

無手札は移転しました

特撮やらプリキュアの感想を書いています。たまに雑談あり。

指定期間 の記事一覧

youtube感想覚書

2013.11.29 (Fri)
現在、札幌にいるため、感想は簡潔に。

バトルフィーバー9話
あらすじ:ジャパンの友達がエゴ巣に利用され、ジャパンが友達を救うため大奮闘!

感想:ジャパンが良い男すぎる・・・


バトルフィーバー10話
あらすじ:ナウマンゾウの化石を力にする怪人がナウマンゾウの象牙を奪う。
それを防がんと活躍する四郎さんのお話。

感想:フランスとミスアメリカは仕事してください。
四郎とジャパンの好感度が俺の中であがりまくってます。
スポンサーサイト



youtube感想覚書

2013.11.29 (Fri)
現在、札幌にいるため、感想は簡潔に。

バトルフィーバー9話
あらすじ:ジャパンの友達がエゴ巣に利用され、ジャパンが友達を救うため大奮闘!

感想:ジャパンが良い男すぎる・・・


バトルフィーバー10話
あらすじ:ナウマンゾウの化石を力にする怪人がナウマンゾウの象牙を奪う。
それを防がんと活躍する四郎さんのお話。

感想:フランスとミスアメリカは仕事してください。
四郎とジャパンの好感度が俺の中であがりまくってます。

仮面ライダー剣の感想(第7話)

2013.11.26 (Tue)
youtubeの公式配信に合わせて、仮面ライダー剣の感想を書いていきます。
今回は第7話!!

・第7話「囚われた2号」
・あらすじ

サングラス男と戦うギャレン。だが、途中で一撃を喰らって変身が解除され、偶然通りがかった車に捕まって逃亡。
それを見つめていた始はカリスに変身して戦いを挑む。だが、サングラス男に「モルモットを調べてみないか」と誘われ・・・。
一方、捕獲された剣崎は、何らかの人体実験を受ける。そんな彼を冷ややかに見つめる始。飽きて帰ろうとしたが、、サングラス男にハカランダに爆弾を仕掛けたと脅迫され、彼に協力することを余儀なくされる。

bomb.png


サングラス男は、人間らしくなり始めたと始に問いかける。
その言葉に反論できない始は・・・。

karisu.png


その頃、捕まった剣崎を救うため、広瀬さん達は橘さんに協力を求める。だが、自分のことで精一杯だと協力を拒む。だが、虎太郎に詩人気取った説得をされて、少々ツンデレな態度で協力することに。

剣崎は闘技場のような広場に放り出される。そこには、トリロバイトアンデッドもいた。
サングラス男は、剣崎とアンデッドの戦いを見たがっていたのだ。
やむなく変身し、アンデッドと戦うブレイド。ブレイドは、自分を見つめる始を発見。

(;0w0) <ナズェミテルンディス!!


彼をこの組織の人間だったと思い込み、怒りを露にする。その時、始の融合係数が急上昇する。
剣崎の怒りに呼応してか、始もカリスに変身して、戦いに参加!

batoru.png


伊坂はそれを止めることなく、じっと見守る。
一方、ようやくアンデッドの居場所を確認した広瀬さん。早速橘さんが連絡を受けて急行。恐怖心などぶっ飛ばしてやる! と意気込むが・・・。
そして、アンデッドサーチャーには三体のアンデッド反応が表示されていて・・・!


santaiiru.png


三つ巴の乱戦になるブレイド・トリロバイト・カリス。そこにギャレンも乱入。
だが、ギャレンの融合係数は徐々に下がり、終いには変身解除してしまう。
変身解除した彼の元に、アンデッドが近づく。
橘さんは、恐怖に飲まれ、悲鳴をあげるのだった・・・


(;0M0)<うわぁぁぁぁぁぁっっ!!



次回、カリスとブレイドの激闘。そして、橘さんと小夜子のピンチ・・・!?

・名言(迷言も)



俺なんていっぱいあるよ・・・。
ゴキブリ、カマキリ、雷・・・。ミミズ・・・。
それとぉ・・・、。おまんじゅう・・・!  あぁ、まんじゅう怖い・・・!
(白井虎太郎)
まんじゅうは、恐らく落語が元ネタでしょうね。
そして、ゴキブリとカマキリの怪物も、後々出てきます・・・。



人をおちょくってると、ぶっ飛ばすぞ!!
(橘朔也)

buttobasuzo.png


恐怖心で体がボロボロとは言え、なんて大人気ない発言でしょう・・・。


で、でもさ・・・。見てよ、あの大都会を・・・。
あそこにいるみんなが、全員が、何か怖いもんがあったり、不安を抱えているんだよ・・・
将来への不安、家族の心配、病気への恐れ・・・。
だからいいんだよな、人間って・・・。頭の上にちょこんと恐怖心や心配を乗せているから、いとおしいんだ・・・
(白井虎太郎)
虎太郎さんは、本当に序盤の癒しですね。



怖さを知らない人間は、一生懸命生きないよ。心配のない人間は、人を好きにならない。っととと・・・
何か俺、そう思うんだよね・・・。
(白井虎太郎)
キョウリュウグレーも、似たようなこと言ってましたよね・・・
確かに仰る通りですね。怖いもの知らずほど、色々とやらかしますからね・・・



これがバトルファイトだよ・・・!一万年前の再現だ!!
(サングラスの男)
バトルファイトもこんなに混沌としていたんでしょうか・・・。


でもな、お前の言葉に打たれたわけじゃないからな・・・。誤解するなよ・・・!
(橘朔也)
ツンデレな橘さん、乙です。



うわぁぁぁぁぁぁっっっ!!!
(橘朔也)
物凄い顔芸です。

・感想

顔芸のオンパレードです。
橘さんといい、始といい、凄い顔してます。
sugoikao.png (;0M0)<うわぁぁぁぁぁぁっっ!!


始は、まぁ単にアングルが悪かったとも言えますが・・・
今回、剣崎の活躍は少なめです。変わりに、始と橘さんが活躍しています。
それにしても虎太郎は本当に序盤の癒し且つ名言量産機ですね!!
ホント良い事ばかり言いますよこのライター希望のお兄さん。

さて、今回融合係数の話が出てきましたが、これは後々にも出てくる言葉なので、皆さん覚えておきましょう!

・覚え書き
ちなみに剣崎を弄繰り回していた研究員の名前は塚田といいます。


「アンデットの思い」というスレで活躍していました。

↑この人

剣崎はCTスキャン装置に入れられて脳の検査をされていた。
・剣崎の体細胞のヘイフリック限界(Hayflick limit:細胞の分裂回数の限界のこと)が通常では考えられないくらい高い数値を示してたそうな。
細胞にヘイフリック限界が訪れると、細胞周期抑制タンパク質が発現し、細胞老化状態になり、体細胞分裂を行わなくなるとのこと。(wikiより抜粋・編集)
つまり、剣崎は体細胞分裂が何度も行なわれているため、細胞が若い状態に保たれているということでしょう。
若者はすぐに怪我も治り、健康になりやすいといわれます。
彼が異常にタフなのも、この後の話で異様に回復が早かったのも、そのせいだったのか・・・?

意外にロジックはしっかり立ててあるんですね・・・。
剣崎の融合係数は516EH.
融合係数は、怒りによって上昇する。剣崎の場合は、怒りによって少なくとも1121EHにまで達した。

yugoukeisuu.png


カリスは978EHくらい。
ギャレンの融合係数は、最初は531EHだったが、徐々に下がり始め、少なくとも400EHまで下がり、終いには変身解除。

仮面ライダー剣の感想(第7話)

2013.11.26 (Tue)
youtubeの公式配信に合わせて、仮面ライダー剣の感想を書いていきます。
今回は第7話!!

・第7話「囚われた2号」
・あらすじ

サングラス男と戦うギャレン。だが、途中で一撃を喰らって変身が解除され、偶然通りがかった車に捕まって逃亡。
それを見つめていた始はカリスに変身して戦いを挑む。だが、サングラス男に「モルモットを調べてみないか」と誘われ・・・。
一方、捕獲された剣崎は、何らかの人体実験を受ける。そんな彼を冷ややかに見つめる始。飽きて帰ろうとしたが、、サングラス男にハカランダに爆弾を仕掛けたと脅迫され、彼に協力することを余儀なくされる。

bomb.png


サングラス男は、人間らしくなり始めたと始に問いかける。
その言葉に反論できない始は・・・。

karisu.png


その頃、捕まった剣崎を救うため、広瀬さん達は橘さんに協力を求める。だが、自分のことで精一杯だと協力を拒む。だが、虎太郎に詩人気取った説得をされて、少々ツンデレな態度で協力することに。

剣崎は闘技場のような広場に放り出される。そこには、トリロバイトアンデッドもいた。
サングラス男は、剣崎とアンデッドの戦いを見たがっていたのだ。
やむなく変身し、アンデッドと戦うブレイド。ブレイドは、自分を見つめる始を発見。

(;0w0) <ナズェミテルンディス!!


彼をこの組織の人間だったと思い込み、怒りを露にする。その時、始の融合係数が急上昇する。
剣崎の怒りに呼応してか、始もカリスに変身して、戦いに参加!

batoru.png


伊坂はそれを止めることなく、じっと見守る。
一方、ようやくアンデッドの居場所を確認した広瀬さん。早速橘さんが連絡を受けて急行。恐怖心などぶっ飛ばしてやる! と意気込むが・・・。
そして、アンデッドサーチャーには三体のアンデッド反応が表示されていて・・・!


santaiiru.png


三つ巴の乱戦になるブレイド・トリロバイト・カリス。そこにギャレンも乱入。
だが、ギャレンの融合係数は徐々に下がり、終いには変身解除してしまう。
変身解除した彼の元に、アンデッドが近づく。
橘さんは、恐怖に飲まれ、悲鳴をあげるのだった・・・


(;0M0)<うわぁぁぁぁぁぁっっ!!



次回、カリスとブレイドの激闘。そして、橘さんと小夜子のピンチ・・・!?

・名言(迷言も)



俺なんていっぱいあるよ・・・。
ゴキブリ、カマキリ、雷・・・。ミミズ・・・。
それとぉ・・・、。おまんじゅう・・・!  あぁ、まんじゅう怖い・・・!
(白井虎太郎)
まんじゅうは、恐らく落語が元ネタでしょうね。
そして、ゴキブリとカマキリの怪物も、後々出てきます・・・。



人をおちょくってると、ぶっ飛ばすぞ!!
(橘朔也)

buttobasuzo.png


恐怖心で体がボロボロとは言え、なんて大人気ない発言でしょう・・・。


で、でもさ・・・。見てよ、あの大都会を・・・。
あそこにいるみんなが、全員が、何か怖いもんがあったり、不安を抱えているんだよ・・・
将来への不安、家族の心配、病気への恐れ・・・。
だからいいんだよな、人間って・・・。頭の上にちょこんと恐怖心や心配を乗せているから、いとおしいんだ・・・
(白井虎太郎)
虎太郎さんは、本当に序盤の癒しですね。



怖さを知らない人間は、一生懸命生きないよ。心配のない人間は、人を好きにならない。っととと・・・
何か俺、そう思うんだよね・・・。
(白井虎太郎)
キョウリュウグレーも、似たようなこと言ってましたよね・・・
確かに仰る通りですね。怖いもの知らずほど、色々とやらかしますからね・・・



これがバトルファイトだよ・・・!一万年前の再現だ!!
(サングラスの男)
バトルファイトもこんなに混沌としていたんでしょうか・・・。


でもな、お前の言葉に打たれたわけじゃないからな・・・。誤解するなよ・・・!
(橘朔也)
ツンデレな橘さん、乙です。



うわぁぁぁぁぁぁっっっ!!!
(橘朔也)
物凄い顔芸です。

・感想

顔芸のオンパレードです。
橘さんといい、始といい、凄い顔してます。
sugoikao.png (;0M0)<うわぁぁぁぁぁぁっっ!!


始は、まぁ単にアングルが悪かったとも言えますが・・・
今回、剣崎の活躍は少なめです。変わりに、始と橘さんが活躍しています。
それにしても虎太郎は本当に序盤の癒し且つ名言量産機ですね!!
ホント良い事ばかり言いますよこのライター希望のお兄さん。

さて、今回融合係数の話が出てきましたが、これは後々にも出てくる言葉なので、皆さん覚えておきましょう!

・覚え書き
ちなみに剣崎を弄繰り回していた研究員の名前は塚田といいます。


「アンデットの思い」というスレで活躍していました。

↑この人

剣崎はCTスキャン装置に入れられて脳の検査をされていた。
・剣崎の体細胞のヘイフリック限界(Hayflick limit:細胞の分裂回数の限界のこと)が通常では考えられないくらい高い数値を示してたそうな。
細胞にヘイフリック限界が訪れると、細胞周期抑制タンパク質が発現し、細胞老化状態になり、体細胞分裂を行わなくなるとのこと。(wikiより抜粋・編集)
つまり、剣崎は体細胞分裂が何度も行なわれているため、細胞が若い状態に保たれているということでしょう。
若者はすぐに怪我も治り、健康になりやすいといわれます。
彼が異常にタフなのも、この後の話で異様に回復が早かったのも、そのせいだったのか・・・?

意外にロジックはしっかり立ててあるんですね・・・。
剣崎の融合係数は516EH.
融合係数は、怒りによって上昇する。剣崎の場合は、怒りによって少なくとも1121EHにまで達した。

yugoukeisuu.png


カリスは978EHくらい。
ギャレンの融合係数は、最初は531EHだったが、徐々に下がり始め、少なくとも400EHまで下がり、終いには変身解除。

youtube覚え書き(デカレンジャー編)

2013.11.26 (Tue)
一日一回シリーズの数稼ぎのため、youtube特撮について覚え書き。

デカレンジャー5話
ウメコとロボット警察犬・マーフィーとの馴れ初め。
ウメコが雨の中、穴掘って頑張ります。

「毒をもって毒を制す」と、地味にウメコを毒扱いするボスの毒舌ぶりwww

バンとホージーは仕事中にナンパするとか、ウメコは警察手帳なくすとか、
お前等それでも公務員かwww
(公務員なのかな?)
マトモなのはセンちゃんとジャスミンだけじゃないか!!
ボスとスワンさん。

でも、そんなウメコがかわいいですv
そして、ドギーと一緒にお風呂だと・・・?
俺もいっしy
(上記コメントはS.P.Dにデリートされました)

ジャスミンは、この頃から十六夜アキさんっぽい声ですね。
それにしてもドギーのボスはイケメン声だなぁぁぁ・・・

今週の宇宙人・アンリ星人ベイルドン。


デカレンジャー6話
逆立ちして思考力を高める、暢気なセンちゃんが活躍する話。
あと、バンがセンちゃんの事を理解する話でもあります。

どうやら、デカレンジャーの序盤はメンバーの紹介エピソードで動かす形式だったみたいですね。
そういえば、初のデリート不許可が出ましたね。

センちゃん曰く、ボスの椅子は気持ち良過ぎるらしいです・・・。
あと、センちゃんのマイペースぶりは、後のフィリップに通じるものがありますね・・・。
そういえばヘブンズトルネード回は荒川さんが脚本でしたっけ・・・。

バン「センちゃんって、あんなんでデカレンジャーとしてアリなんですか?」

ボス「ありだ」

ですよね~。

って言うか、
お前が言うなwww


少なくとも、センちゃんは真っ当で生真面目な警察官じゃないですか!
メンタル弱くもないですし! 警察手帳なくさないですし!  感情に任せて突っ走るわけでもないですし!
仕事中にナンパしませんし!(←しつこい)

今週の宇宙人・ジューザ星人。
植物宇宙人は、水中の水蒸気を集めて吐き出すことが可能らしいです。ウォーターカッターのように使用することもできる。

youtube覚え書き(デカレンジャー編)

2013.11.26 (Tue)
一日一回シリーズの数稼ぎのため、youtube特撮について覚え書き。

デカレンジャー5話
ウメコとロボット警察犬・マーフィーとの馴れ初め。
ウメコが雨の中、穴掘って頑張ります。

「毒をもって毒を制す」と、地味にウメコを毒扱いするボスの毒舌ぶりwww

バンとホージーは仕事中にナンパするとか、ウメコは警察手帳なくすとか、
お前等それでも公務員かwww
(公務員なのかな?)
マトモなのはセンちゃんとジャスミンだけじゃないか!!
ボスとスワンさん。

でも、そんなウメコがかわいいですv
そして、ドギーと一緒にお風呂だと・・・?
俺もいっしy
(上記コメントはS.P.Dにデリートされました)

ジャスミンは、この頃から十六夜アキさんっぽい声ですね。
それにしてもドギーのボスはイケメン声だなぁぁぁ・・・

今週の宇宙人・アンリ星人ベイルドン。


デカレンジャー6話
逆立ちして思考力を高める、暢気なセンちゃんが活躍する話。
あと、バンがセンちゃんの事を理解する話でもあります。

どうやら、デカレンジャーの序盤はメンバーの紹介エピソードで動かす形式だったみたいですね。
そういえば、初のデリート不許可が出ましたね。

センちゃん曰く、ボスの椅子は気持ち良過ぎるらしいです・・・。
あと、センちゃんのマイペースぶりは、後のフィリップに通じるものがありますね・・・。
そういえばヘブンズトルネード回は荒川さんが脚本でしたっけ・・・。

バン「センちゃんって、あんなんでデカレンジャーとしてアリなんですか?」

ボス「ありだ」

ですよね~。

って言うか、
お前が言うなwww


少なくとも、センちゃんは真っ当で生真面目な警察官じゃないですか!
メンタル弱くもないですし! 警察手帳なくさないですし!  感情に任せて突っ走るわけでもないですし!
仕事中にナンパしませんし!(←しつこい)

今週の宇宙人・ジューザ星人。
植物宇宙人は、水中の水蒸気を集めて吐き出すことが可能らしいです。ウォーターカッターのように使用することもできる。

漫画家とスイカとジェット機

2013.11.24 (Sun)
今回から、ちゃんとタイトル付ける事にしました。
なお、先週分の感想はそのうち書きます。(*一部19:33に修正あり)

今週のキョウリュウジャー

「ブレイブ38 らぶタッチ!うつくしすぎるゾーリま」
あらすじ


スピリットパワーが不足していることに悩む鉄砕。どう見ても通報されるだろう、変な姿で後継者を探そうと街を彷徨く。

キング!うしろぉぉぉぉっ!!


そこに、アミィと現れるひとりの男。その男に自分と同じメロディを感じる鉄砕。
どうやら、鉄砕の子孫と同じらしい。だが、その男は少女コズミックの人気漫画「ラブタッチ」の作者で、しかもアミィに病床のファンの代役を頼み・・・


tukoutisan.jpg



その軟弱ぶりに鉄砕は激怒。顔を真っ赤にしてゲキおこプンプン。
今度のデーボスは、女の子の美しさを奪い、悲しみのエネルギーを奪う作戦だった。
今週のゾーリ魔はやたら気合が入っており、キョウリュウジャーも苦戦する。
一方、鉄砕は不甲斐ない自分の子孫に対し、自ら先祖と名乗り説教しに行く。


ご先祖様だぞ~



病床のファンの正体は、ラッキューロだった。彼のファン魂は本物だと感じたアミィは、人類が滅べばラブタッチも読めなくなると説得。その言葉に心動かされたラッキューロたんは・・・

ファンのもとに向かう青山さんの元にデーボスに襲われる女の子が。そのデーボスに我武者羅に立ち向かう青山さん。


なにげにお姫様だっこしてる件



そのブレイブな姿に感銘を受け、鉄砕の心にスピリットが蘇るのだった・・・。
美しすぎるゾーリ魔の攻撃も、元々グレーなキョウリュウグレーには効かなかった。
オビラップーを使われ、獣電ブレイブフィニッシュとカーニバルフィニッシュを喰らい、美しすぎるゾーリ魔は散った・・・。
巨大化後も、ギガントブラキオーとプテライデンオードリケラで撃破。
青山さんを認めた鉄砕は、一度鍛えてみようかと考えるのだった・・・
なお、ラッキューロたんは邪悪な心で手紙を書こうと、こたつの上で頑張るのだった・・・

次回、遂にぃぃぃっ!!トバスピノが登場ぅぅぅっっっ!!!! そして、10人全員大集合かっ!!?
次回、修羅場の予感・・・



感想
(いい意味で)ひどいギャグ回でした・・・
と、言いつつも気弱になっていたグレーが一般人の勇気を見て、復活する話でもあるんですけどね。


真剣な顔で少女マンガを読むトリン


トリンが真面目に少女漫画を読み、内容を詳しく語るあたりに吹いたw
あと鉄砕さん。
スーパー戦隊の世界には、あなたソックリの眩き冒険者の人もいますよ!ライダーの世界だと、メタル・ドーパントの人もいますよ!!
すんません、トリガー・ドーパントの無口な人でした。(12月31日・訂正)

地味にラッキューロ改心フラグが立ってきましたね。
さぁ、最終回は井上敏樹に工事現場でこき使われる時が待ってるぞ!!
それとも小学校で授業を受ける時かな!?

それにしても、最近は使い回しの復活怪人多いですね。
予算がないのか、節約のため頑張っているのか・・・?


今週の鎧武
「第7話 大玉スイカ、ビッグバン!!」
あらすじ

前回、登場したドリアンライダー。前回同様、ドリアンにフルボッコにされる黒影とグリドン。
黒影の不意打ちも効かず、逆に見事に水落ちさせる。
勝てるとわかってる相手を叩きのめして楽しいのかと噛み付く紘汰に、プロの違いを見せつけただけと言うオカマ(鳳蓮)。
ドリアンは他チームをフルボッコ。本物と偽物の差は歴然、と映像でコメント。
そんなドリアンに、紘汰は気に食わないと不満。
北岡さんが亡くなって寂しいゴローちゃんは、鳳蓮が努力をし続けてきたが故、遊んでいる紘汰達が気に食わないのではと言う。
そして、また戒斗さんが紘汰に突っかかる。強いものの言葉を否定できるのはより強いものだけだと、紘汰を挑発しつつ、自らプラーボに挑まれたバトルへ挑む。

この後、ドリアンにフルボッコにされます。


斬月の人こと高虎さんは、本物のプロに使わせるのはマズいと心配するが、シドもプロフェッサー何ちゃらもどこ吹く風だった。
一方、ドリアンと戦うバロン。流石にプロの軍人には敵わず、インベスを召喚。それでも殆ど歯が立たず、フルボッコにされて敗退。骨まで行くダメージを受けるが、鍛え直してまた来いと言われ、ロックシードを返却されて惨敗。





ドリアンは、芸術には厳正な審査が必要と、チーム鎧武に戦いを挑む。
紘汰とミッチーは鎧武と龍玄に変身し、対抗。
だが、戦いのプロであるドリアンには苦戦する。

どりあ~ん


鎧武はこんな馬鹿げた戦いをしてないでケーキ作ってなよと説得するが、全く聞く耳はなかった。
インベス軍団を召喚するが、あまりに数が多すぎたためか、全く言うことを聞かず暴走。
その時、龍玄がスイカアームズを鎧武に渡す。
スイカアームズを纏った鎧武は、巨大なスイカでインベスを轢き逃げ。
ドリアンはスイカ割りをするが、そこからアームズが割れてスイカアームズに。

スイカ座の花道聖闘士


同時に、先程のインベスがロックシードを吸収して、猪みたいな巨大インベスに変形。
スイカで転がりながら追跡する鎧武。輪切りにして撃破。
パイ生地が焼き上がる時間になったため、プラーボさんは去って行く。
鎧武はランキング首位になったとさ。仲良くパーティしてEND。
だが、紘汰だけはプラーボのケーキを嫌がるのだった・・・


次回、舞衣が危ない。あとバロンが新アームズチェンジ。

感想
ライダー多すぎです。覚えられません。
ゴローちゃん(名前が作中に全然出てないのでこの呼び名で統一します)の言葉を信じるなら、つまりドリアンさんは若者に嫉妬して襲撃を続けてる、情けないオッサンということになりますね。

あと、コータくん。君もライダーバトルしてないで、ただ仲良く踊っていればいいだけですから!
オカマのことを言えた身分じゃありませんから!


どうでもいいですが、グリドンの名前はもう少しなんとかならなかったのでしょうか・・・?
グリードとかさ・・・。いや、オーズと被るか・・・

スイカアームズは、かなりひどいですね・・・。
流石に敵さん追跡もゴロゴロ回転ってのは・・・

最近は少しずつですが面白くはなってきましたね。
ただ、その面白さの要因が、大半はグリドン黒影のヘタレコンビとか面白いオカマとか、脇役の方なんですが・・・。
主役があんまり主役らしくないですし、結局敵さんが具体的になんなのか、わかりづらいですし・・・。
555とかアギトも、謎を引っ張りつつも、敵(オルフェノクとかアンノウンとか)がとりあえず人を襲う悪い奴らなんだなとはわかる構成でしたからね。
結局の所、素直に面白いというには、まだまだ程遠い状況と言わざるとしか・・・・。

あと、戒斗さんは口だけの弱い人且つ愛嬌が感じられないので、今の所名護さんにすら及ばないですね・・・。



今週のドキプリ
第41話「ありすの夢!花がつないだ友だち!」
あらすじ

ありすは実は園芸部で、幼い頃の夢はお花屋さんになることだったらしい。

頭の上にちょこんと乗ってるランスちゃんかわいい


それを聞いたマナは、その夢を叶えてあげると言う。
フリマで花屋を開くことにになった一向。しかし、五星麗奈が再び出現し、隣に豪華絢爛な四季折々の花で対抗する。
麗奈軍団にお客を取られて、苦戦するが、少しずつは花が売れてゆく。
そんな時レジーナが出現。自分よりも美しいものは許せないと、花を枯らす作戦を実行。

ヒコウキジコチューを召喚し、花を枯らせまくる。
悲しむ麗奈を見て、応急処置を試みるありす。
なぜ自分を助けるのかと言うありすに、麗奈さんに教わったと言うらしい。

回想によると、麗奈が応急処置を教わったことが出会った切欠だったらしい。その時から、ありすは彼女を友達だと思っていたらしい。
その心に気付き、自分の行動を悔いて泣き出す麗奈。

そんな時、セバスチャンから連絡が。なんと、今週のヒコウキと枯れ木のジコチューは成層圏にいるらしい。
成層圏まで一人乗りジェットで突撃するありす。


宇宙キター!!



レジーナに対し、必死に生きようとしている植物を枯らそうとするなと説教。この愛を受け取ってくれと説得するが、説得及ばず大気圏に落下する。だが、突然翼が生えてくる。キュアハート達が救援に来たのだ。しかも麗奈の助けが。
そして麗奈と和解するキュアロゼッタ。

いい話だな、感動的だな、だが無意味だ(^U^)



唐突に、レジーナがお話しようとキュアハートを呼び出す。友情ごっこは嫌いだと攻撃を仕掛けてくる。
かなり苦戦するが、渾身のロゼッタリフレクションで対抗。
必死で戦い、花を、友を守るため、戦う。

レジーナに、「コスモスの花言葉は純真」と言い放つ。その言葉にレジーナが苦しみ、攻撃が弱体化。
いつものようにロイヤルストレートフラッシュでジコチューを撃破。


その後、友情の証として花を交換する麗奈とありす。

ありすは、花のようなか弱く美しい存在を守るため、四葉財閥を継ぐことを決意するのだった・・・。


いい笑顔だ



次回、亜久里ちゃんのお誕生日回。

感想
前半:イイハナシダッタナー( :∀:) 
後半:唐突にプリキュアが成層圏に突撃する、地味にカオス回

ロリありす、略してロりす


ロリありすかわぇぇぇぇぇぇ!!
「ランスが店長やるでらんす~」
「ありすの一番の友達はランスでらんす~」
とか言ってる、ランスちゃん可愛いでらんす~。


店長になりたいランスちゃんかわいいでらんす~



何げに宇宙空間でも平気なプリキュア(とレジーナ)。
・・・まぁ今更ですよね。前作とか前々前作とか宇宙に飛び出していましたもんね・・・


あ、今回は赤子はいらなかったです。前回のありす回みたく、背景に徹してりゃいいものを・・・

(19時半頃追記)
確かに言われてみれば唐突に宇宙に飛び出す変な回でしたね。
個人的な意見を述べますと、前回放置されていた麗奈のフォローをキチンとした点については素直に評価できるとは思います。

どこかのライダー部の人は、結局最後まで新田さんに謝罪しませんでしたからね!!

多分今回が最後の米村回でしょうかね。米村さん、お疲れ様でした。

漫画家とスイカとジェット機

2013.11.24 (Sun)
今回から、ちゃんとタイトル付ける事にしました。
なお、先週分の感想はそのうち書きます。(*一部19:33に修正あり)

今週のキョウリュウジャー

「ブレイブ38 らぶタッチ!うつくしすぎるゾーリま」
あらすじ


スピリットパワーが不足していることに悩む鉄砕。どう見ても通報されるだろう、変な姿で後継者を探そうと街を彷徨く。

キング!うしろぉぉぉぉっ!!


そこに、アミィと現れるひとりの男。その男に自分と同じメロディを感じる鉄砕。
どうやら、鉄砕の子孫と同じらしい。だが、その男は少女コズミックの人気漫画「ラブタッチ」の作者で、しかもアミィに病床のファンの代役を頼み・・・


tukoutisan.jpg



その軟弱ぶりに鉄砕は激怒。顔を真っ赤にしてゲキおこプンプン。
今度のデーボスは、女の子の美しさを奪い、悲しみのエネルギーを奪う作戦だった。
今週のゾーリ魔はやたら気合が入っており、キョウリュウジャーも苦戦する。
一方、鉄砕は不甲斐ない自分の子孫に対し、自ら先祖と名乗り説教しに行く。


ご先祖様だぞ~



病床のファンの正体は、ラッキューロだった。彼のファン魂は本物だと感じたアミィは、人類が滅べばラブタッチも読めなくなると説得。その言葉に心動かされたラッキューロたんは・・・

ファンのもとに向かう青山さんの元にデーボスに襲われる女の子が。そのデーボスに我武者羅に立ち向かう青山さん。


なにげにお姫様だっこしてる件



そのブレイブな姿に感銘を受け、鉄砕の心にスピリットが蘇るのだった・・・。
美しすぎるゾーリ魔の攻撃も、元々グレーなキョウリュウグレーには効かなかった。
オビラップーを使われ、獣電ブレイブフィニッシュとカーニバルフィニッシュを喰らい、美しすぎるゾーリ魔は散った・・・。
巨大化後も、ギガントブラキオーとプテライデンオードリケラで撃破。
青山さんを認めた鉄砕は、一度鍛えてみようかと考えるのだった・・・
なお、ラッキューロたんは邪悪な心で手紙を書こうと、こたつの上で頑張るのだった・・・

次回、遂にぃぃぃっ!!トバスピノが登場ぅぅぅっっっ!!!! そして、10人全員大集合かっ!!?
次回、修羅場の予感・・・



感想
(いい意味で)ひどいギャグ回でした・・・
と、言いつつも気弱になっていたグレーが一般人の勇気を見て、復活する話でもあるんですけどね。


真剣な顔で少女マンガを読むトリン


トリンが真面目に少女漫画を読み、内容を詳しく語るあたりに吹いたw
あと鉄砕さん。
スーパー戦隊の世界には、あなたソックリの眩き冒険者の人もいますよ!ライダーの世界だと、メタル・ドーパントの人もいますよ!!
すんません、トリガー・ドーパントの無口な人でした。(12月31日・訂正)

地味にラッキューロ改心フラグが立ってきましたね。
さぁ、最終回は井上敏樹に工事現場でこき使われる時が待ってるぞ!!
それとも小学校で授業を受ける時かな!?

それにしても、最近は使い回しの復活怪人多いですね。
予算がないのか、節約のため頑張っているのか・・・?


今週の鎧武
「第7話 大玉スイカ、ビッグバン!!」
あらすじ

前回、登場したドリアンライダー。前回同様、ドリアンにフルボッコにされる黒影とグリドン。
黒影の不意打ちも効かず、逆に見事に水落ちさせる。
勝てるとわかってる相手を叩きのめして楽しいのかと噛み付く紘汰に、プロの違いを見せつけただけと言うオカマ(鳳蓮)。
ドリアンは他チームをフルボッコ。本物と偽物の差は歴然、と映像でコメント。
そんなドリアンに、紘汰は気に食わないと不満。
北岡さんが亡くなって寂しいゴローちゃんは、鳳蓮が努力をし続けてきたが故、遊んでいる紘汰達が気に食わないのではと言う。
そして、また戒斗さんが紘汰に突っかかる。強いものの言葉を否定できるのはより強いものだけだと、紘汰を挑発しつつ、自らプラーボに挑まれたバトルへ挑む。

この後、ドリアンにフルボッコにされます。


斬月の人こと高虎さんは、本物のプロに使わせるのはマズいと心配するが、シドもプロフェッサー何ちゃらもどこ吹く風だった。
一方、ドリアンと戦うバロン。流石にプロの軍人には敵わず、インベスを召喚。それでも殆ど歯が立たず、フルボッコにされて敗退。骨まで行くダメージを受けるが、鍛え直してまた来いと言われ、ロックシードを返却されて惨敗。





ドリアンは、芸術には厳正な審査が必要と、チーム鎧武に戦いを挑む。
紘汰とミッチーは鎧武と龍玄に変身し、対抗。
だが、戦いのプロであるドリアンには苦戦する。

どりあ~ん


鎧武はこんな馬鹿げた戦いをしてないでケーキ作ってなよと説得するが、全く聞く耳はなかった。
インベス軍団を召喚するが、あまりに数が多すぎたためか、全く言うことを聞かず暴走。
その時、龍玄がスイカアームズを鎧武に渡す。
スイカアームズを纏った鎧武は、巨大なスイカでインベスを轢き逃げ。
ドリアンはスイカ割りをするが、そこからアームズが割れてスイカアームズに。

スイカ座の花道聖闘士


同時に、先程のインベスがロックシードを吸収して、猪みたいな巨大インベスに変形。
スイカで転がりながら追跡する鎧武。輪切りにして撃破。
パイ生地が焼き上がる時間になったため、プラーボさんは去って行く。
鎧武はランキング首位になったとさ。仲良くパーティしてEND。
だが、紘汰だけはプラーボのケーキを嫌がるのだった・・・


次回、舞衣が危ない。あとバロンが新アームズチェンジ。

感想
ライダー多すぎです。覚えられません。
ゴローちゃん(名前が作中に全然出てないのでこの呼び名で統一します)の言葉を信じるなら、つまりドリアンさんは若者に嫉妬して襲撃を続けてる、情けないオッサンということになりますね。

あと、コータくん。君もライダーバトルしてないで、ただ仲良く踊っていればいいだけですから!
オカマのことを言えた身分じゃありませんから!


どうでもいいですが、グリドンの名前はもう少しなんとかならなかったのでしょうか・・・?
グリードとかさ・・・。いや、オーズと被るか・・・

スイカアームズは、かなりひどいですね・・・。
流石に敵さん追跡もゴロゴロ回転ってのは・・・

最近は少しずつですが面白くはなってきましたね。
ただ、その面白さの要因が、大半はグリドン黒影のヘタレコンビとか面白いオカマとか、脇役の方なんですが・・・。
主役があんまり主役らしくないですし、結局敵さんが具体的になんなのか、わかりづらいですし・・・。
555とかアギトも、謎を引っ張りつつも、敵(オルフェノクとかアンノウンとか)がとりあえず人を襲う悪い奴らなんだなとはわかる構成でしたからね。
結局の所、素直に面白いというには、まだまだ程遠い状況と言わざるとしか・・・・。

あと、戒斗さんは口だけの弱い人且つ愛嬌が感じられないので、今の所名護さんにすら及ばないですね・・・。



今週のドキプリ
第41話「ありすの夢!花がつないだ友だち!」
あらすじ

ありすは実は園芸部で、幼い頃の夢はお花屋さんになることだったらしい。

頭の上にちょこんと乗ってるランスちゃんかわいい


それを聞いたマナは、その夢を叶えてあげると言う。
フリマで花屋を開くことにになった一向。しかし、五星麗奈が再び出現し、隣に豪華絢爛な四季折々の花で対抗する。
麗奈軍団にお客を取られて、苦戦するが、少しずつは花が売れてゆく。
そんな時レジーナが出現。自分よりも美しいものは許せないと、花を枯らす作戦を実行。

ヒコウキジコチューを召喚し、花を枯らせまくる。
悲しむ麗奈を見て、応急処置を試みるありす。
なぜ自分を助けるのかと言うありすに、麗奈さんに教わったと言うらしい。

回想によると、麗奈が応急処置を教わったことが出会った切欠だったらしい。その時から、ありすは彼女を友達だと思っていたらしい。
その心に気付き、自分の行動を悔いて泣き出す麗奈。

そんな時、セバスチャンから連絡が。なんと、今週のヒコウキと枯れ木のジコチューは成層圏にいるらしい。
成層圏まで一人乗りジェットで突撃するありす。


宇宙キター!!



レジーナに対し、必死に生きようとしている植物を枯らそうとするなと説教。この愛を受け取ってくれと説得するが、説得及ばず大気圏に落下する。だが、突然翼が生えてくる。キュアハート達が救援に来たのだ。しかも麗奈の助けが。
そして麗奈と和解するキュアロゼッタ。

いい話だな、感動的だな、だが無意味だ(^U^)



唐突に、レジーナがお話しようとキュアハートを呼び出す。友情ごっこは嫌いだと攻撃を仕掛けてくる。
かなり苦戦するが、渾身のロゼッタリフレクションで対抗。
必死で戦い、花を、友を守るため、戦う。

レジーナに、「コスモスの花言葉は純真」と言い放つ。その言葉にレジーナが苦しみ、攻撃が弱体化。
いつものようにロイヤルストレートフラッシュでジコチューを撃破。


その後、友情の証として花を交換する麗奈とありす。

ありすは、花のようなか弱く美しい存在を守るため、四葉財閥を継ぐことを決意するのだった・・・。


いい笑顔だ



次回、亜久里ちゃんのお誕生日回。

感想
前半:イイハナシダッタナー( :∀:) 
後半:唐突にプリキュアが成層圏に突撃する、地味にカオス回

ロリありす、略してロりす


ロリありすかわぇぇぇぇぇぇ!!
「ランスが店長やるでらんす~」
「ありすの一番の友達はランスでらんす~」
とか言ってる、ランスちゃん可愛いでらんす~。


店長になりたいランスちゃんかわいいでらんす~



何げに宇宙空間でも平気なプリキュア(とレジーナ)。
・・・まぁ今更ですよね。前作とか前々前作とか宇宙に飛び出していましたもんね・・・


あ、今回は赤子はいらなかったです。前回のありす回みたく、背景に徹してりゃいいものを・・・

(19時半頃追記)
確かに言われてみれば唐突に宇宙に飛び出す変な回でしたね。
個人的な意見を述べますと、前回放置されていた麗奈のフォローをキチンとした点については素直に評価できるとは思います。

どこかのライダー部の人は、結局最後まで新田さんに謝罪しませんでしたからね!!

多分今回が最後の米村回でしょうかね。米村さん、お疲れ様でした。

回想:なぜ私がシャンゼリオンを放送当時見なかったのか

2013.11.23 (Sat)
シャンゼリオン。
特撮の歴史に残るカルト的作品ですね・・・。


今見ると無茶苦茶イカレてて面白いのに、なぜリアルタイムで私は視聴しなかったのか?


それはオープニングが原因でした。


だって、あのオープニング。
どっかの「昼ドラ」にしか見えないじゃないですか!!

浜辺で戯れる暁と朱美とか、全然ヒーロー物には見えないじゃないですか!!


あと、映像に妙なチープさがあったのも原因ですかね・・・?
暁がアレなのも原因のひとつだったと思われますが、同時期のカーレンジャーも同じくらいアレでしたし・・・。

回想:なぜ私がシャンゼリオンを放送当時見なかったのか

2013.11.23 (Sat)
シャンゼリオン。
特撮の歴史に残るカルト的作品ですね・・・。


今見ると無茶苦茶イカレてて面白いのに、なぜリアルタイムで私は視聴しなかったのか?


それはオープニングが原因でした。


だって、あのオープニング。
どっかの「昼ドラ」にしか見えないじゃないですか!!

浜辺で戯れる暁と朱美とか、全然ヒーロー物には見えないじゃないですか!!


あと、映像に妙なチープさがあったのも原因ですかね・・・?
暁がアレなのも原因のひとつだったと思われますが、同時期のカーレンジャーも同じくらいアレでしたし・・・。
 | HOME |  Next »