FC2ブログ

無手札は移転しました

特撮やらプリキュアの感想を書いています。たまに雑談あり。

デンジマン の記事一覧

youtube感想覚え書き(デンジマン)

2014.09.28 (Sun)
デンジマン43話
あらすじ

華麗に七変化する桃井あきらからスタート。

ミス人魚に時岡さと子さんが選ばれる。が、いきなり繭に包まれて行方不明に。そのほかにもミスコン受賞者となった美女達が次々と被害に。
あきらは自ら囮となって敵のアジトに侵入する作戦を立てる。その時、あきらは冷たい手の美女に出会う。その美女の正体
あきらは中国っぽい服に着替えたり、インディアン衣装になtったり、

その後、焦る美女は多少レベルの劣るらしい婦警チーコを誘拐(一応彼女もミス警察だったらしい) 
。美女いわく、攫った人々は『昆虫』らしい。
その後春麗のコスプレをして誘拐犯に襲いかかるあきら。セーラー衣装や剣道衣装,しすた服などで次々と暴れまわる。

その後犯人から身代金を要求する電話がかかってくる。
それはベーダー一味の罠だった。
あきらが敵の懐に飛び込み、バニースーツとウェスタン衣装で戦うも、捉えられてしまう。

そして灼熱の太陽の中、磔にされる拷問を受けて苦しむ。
だが、デンジマンたちに救われ、窮地を脱する。
その後、死んだふりをして敵基地に忍び込み形勢逆転。フェンシング対決に見事勝利する。
そしていつものように巨大戦をおこない、勝利したのだった。

感想
※脚本は荒川さんではありません
誘拐犯達曰く、あきらの美的センスはオール満点らしいです。
人形やにドラミちゃんとピンクパンサーがありました。
バンリキ魔王の美的センスって・・・w

デンジマン44話
あらすじ

あんぱんの香りに酔いしれる青梅さん。赤ちゃんが欲しくなったとか言い出す。妄想に耽る彼を、三日間何も食べてないとかいう変な乞食の老人が見つめる。
アンパンを分け与えた青梅さんは、老人から変な袋を貰う。その中には古びたランプが。それはアブラカタブラの呪文で中から美女(ビキニ)のランプの精が飛び出す、不思議なランプだったのだ。
訝しがる青梅だが、空飛ぶ絨毯を手に入れ、事実と認めざるを得なくなる。しかし、これはデンジランドへの侵入を企むベーダーのアラジンラーの罠だったのだ。
調子に乗った青梅は、子供達の願いを叶えようとランプに願う。すると、ゼロ戦のプラモやらグローブやらが出てくる。赤城さん達もその話を聴いて訝しがる。青梅さんはランプを使おうとするが何も起こらない。
アラジンラーいわく、短時間に使いすぎることはできないという。また、デンジランド潜入作戦も失敗。
その後、青梅は沢山の美味いものを食わされるうちに、催眠装置に掛けられてデンジランドへのシークレットルートNo.7をバラされてしまう。

その後、アラジンラーが襲撃するが、ルートを変更して事なきをえる。その後、青梅は黄山さんに殴られた挙句、仲間たちに見張られる。
青梅もまた、ベーダーの仕業だと察していた。そしてデンジスパークで正体が明かされる。その後アイシーによって青梅が軟禁される。アンパン禁断症状が出て暴れだす。
一方アラジンラーはアンパンに化け、あきらに運ばれる。そしてまんまとデンジランドに侵入されてしまい、ダイデンジンが奪われてしまう。だが、ダイデンジンはデンジマンの操作以外は受け付けなかった。

ロープ攻撃に苦戦するも、なんとか窮地を脱出。
巨大戦はデンジ魔法返しで魔法を跳ね返し、電子満月切りで粉砕。

その後、青梅は美しいアラジンの幻を見る。だが、それはあきらのコスプレだったのだ。まだ懲りない青梅に呆れる赤城さんたちだった・・・。

感想
エロいアラジンの精の人が出てくる回。
こちらは「うまい話には裏がある」とした、教訓的な回でした。
ランプの精と子供たちの心暖まる交流が描かれた、ジュウレンのランプの精の話とは対照的な回ですね。

ジュウレンジャーといい、デンジマンといい、なんでスーパー戦隊の世界にはこうもランプの魔神がやたらと出てくるんでしょう・・・?
赤ん坊のコスプレをする青梅さんェ・・・

今回、ダイデンジンは魔法を跳ね返す能力があると判明。
・・・マジキングたち勝てなくね?

スポンサーサイト



youtube感想覚え書き(デンジマン)

2014.09.18 (Thu)
デンジマン39話
あらすじ


リア充を嫉妬の眼差しで見ていた若者。彼が不気味な人形を手に取りながら沈めと念ずると、本当にボートが沈んでしまった。それどころか、ボールを当たれと念ずれば当たり、俊雄なる少年が念ずると遊具が勝手に回りだしたり・・・。
全ては、ヘドリアン女王様の呪いの仕業であった。駆けつけたデンジマンも彼女の存在を嗅ぎつけ、調査に向かう。だが、バイクのコントロールを狂わされてしまった。
なんとか手に入れた人形。小型発信機が入っていた。それは女王が他人を不幸に陥れる際に用いる妖魔術人形だった。全てはアクマラーなるベーダー怪物の仕業だったのだ。
赤城さんは先ほどの俊雄のことを思い出す。

その頃、宮殿ではバンリキ魔王がぐーすかイビキをかいて眠っていた。ヘドリアン女王は赤城の友人の婚約者の友人に付け込み、嫉妬を煽る。そして赤城の友人の婚約者が被害に遭う。赤城さんは彼女を尾行し、敵のアジトを突き止める。だが、それは女王様のお仕掛けになられた罠であらせられた。赤城はふしぎなくすりをのまされて、洗脳されてしまう。
その後、虚ろな目で基地に戻った赤城さん。だがアイシーには洗脳がバレバレだった。そのことにも気づかず、操られた赤城さんは爆弾をダイデンジンに仕掛けるが、デンジマン達が電撃を浴びせて正気に戻る。そして、通信機を利用してダイデンジンが爆発する芝居に(アドリブで)乗り、アジトに潜り込む。
その後、見事教団を壊滅させるのだった。アクマラーの超能力に苦戦するが、ヘドラー将軍と魔王。
巨大戦も珍しく苦戦し、ダイデンジンがアクマラーを苦しめる。だが、電磁魔力落としなるチート技を発動し、アクマラーを撃退するのだった。
その後、赤城さんの友人も無事結婚式を挙げるのだった。その式を赤木さんの婚約者の友人が手を振って祝福していた・・・

感想

おばあちゃんは言っていた、「人を呪わば穴二つ」と・・・。
白い布被った教団ってwww KKKじゃないですかー! これはちょっとヤバイんじゃ・・・。

赤城さんはアドリブ力も高いことが判明しました。
操った赤城さんの代わりに、赤城さんの口調で話している女王様萌え。

シェーするアクマラー萌え。

デンジマン40話
あらすじ

赤城さんが懇意にしていたボクサー・岬達也。彼は弟の達治の手術費用を稼ぐため特訓に精を出していた。そんな彼を、ヘドラー将軍が銀河拳ボクシングジムのロッキー鬼浜に姿を変え移籍を交渉する。ジムの親父が追い返すが・・・。達也の父は防衛軍の科学者で、ベーダーの攻撃で殺されてしまったのだという。
その後、ボロボロになったボクサー・タカヤマリュウを発見する赤城さん達。達也を危惧し警告する赤城さん。だが、弟の手術費用捻出のため移籍を決意していた。
その一方で、青梅達が鬼浜の様子を探る。探り込んだデンジレッドはボクサー達が捕えられている様を発見するが、逆に捕縛されてしまう。幸い、青梅が助けに来て事なきをえたものの、今度は達也が大金に釣られて攫われてしまう。

赤城さんは達也を救うため、死を覚悟して、ひとり生身での戦いに赴く。だが達也がボロボロにされてしまう。彼の代役として、銀河拳所属のKOジョーとデスマッチを行なう。
闘いの中、デンジリングをヘドラー将軍に奪われた赤城さんはピンチに陥る。ボロボロになり、吹っ飛ばされる赤城さん。それでも立ち上がるが、正体を現したキカイラーにボコボコにされる。
その時、達也はデンジリングをヘドラーから奪い返す。デンジレッドとなった赤城さんは怒りの鉄拳をベーダー達に浴びせる。
デンジマン五人も揃い、キカイラーを倒すのだった。

その後、救われた達也は、栄光を目指し走り続けるのだった。

感想
また赤城さんの主役回です。
少年を暖かく励ます赤城さんカッケェ・・・。そして、命をかけて、血みどろになって、弟分を救おうとする男らしさ。
東映さん、そろそろ、こういう終始男らしくカッコいい落ち着いたレッドを出してくれませんかねぇ?

ボクシングを楽しそうに応援なされるヘドリアン女王(7600歳)萌え。

youtube感想覚え書き(デンジマン)

2014.09.18 (Thu)
デンジマン39話
あらすじ


リア充を嫉妬の眼差しで見ていた若者。彼が不気味な人形を手に取りながら沈めと念ずると、本当にボートが沈んでしまった。それどころか、ボールを当たれと念ずれば当たり、俊雄なる少年が念ずると遊具が勝手に回りだしたり・・・。
全ては、ヘドリアン女王様の呪いの仕業であった。駆けつけたデンジマンも彼女の存在を嗅ぎつけ、調査に向かう。だが、バイクのコントロールを狂わされてしまった。
なんとか手に入れた人形。小型発信機が入っていた。それは女王が他人を不幸に陥れる際に用いる妖魔術人形だった。全てはアクマラーなるベーダー怪物の仕業だったのだ。
赤城さんは先ほどの俊雄のことを思い出す。

その頃、宮殿ではバンリキ魔王がぐーすかイビキをかいて眠っていた。ヘドリアン女王は赤城の友人の婚約者の友人に付け込み、嫉妬を煽る。そして赤城の友人の婚約者が被害に遭う。赤城さんは彼女を尾行し、敵のアジトを突き止める。だが、それは女王様のお仕掛けになられた罠であらせられた。赤城はふしぎなくすりをのまされて、洗脳されてしまう。
その後、虚ろな目で基地に戻った赤城さん。だがアイシーには洗脳がバレバレだった。そのことにも気づかず、操られた赤城さんは爆弾をダイデンジンに仕掛けるが、デンジマン達が電撃を浴びせて正気に戻る。そして、通信機を利用してダイデンジンが爆発する芝居に(アドリブで)乗り、アジトに潜り込む。
その後、見事教団を壊滅させるのだった。アクマラーの超能力に苦戦するが、ヘドラー将軍と魔王。
巨大戦も珍しく苦戦し、ダイデンジンがアクマラーを苦しめる。だが、電磁魔力落としなるチート技を発動し、アクマラーを撃退するのだった。
その後、赤城さんの友人も無事結婚式を挙げるのだった。その式を赤木さんの婚約者の友人が手を振って祝福していた・・・

感想

おばあちゃんは言っていた、「人を呪わば穴二つ」と・・・。
白い布被った教団ってwww KKKじゃないですかー! これはちょっとヤバイんじゃ・・・。

赤城さんはアドリブ力も高いことが判明しました。
操った赤城さんの代わりに、赤城さんの口調で話している女王様萌え。

シェーするアクマラー萌え。

デンジマン40話
あらすじ

赤城さんが懇意にしていたボクサー・岬達也。彼は弟の達治の手術費用を稼ぐため特訓に精を出していた。そんな彼を、ヘドラー将軍が銀河拳ボクシングジムのロッキー鬼浜に姿を変え移籍を交渉する。ジムの親父が追い返すが・・・。達也の父は防衛軍の科学者で、ベーダーの攻撃で殺されてしまったのだという。
その後、ボロボロになったボクサー・タカヤマリュウを発見する赤城さん達。達也を危惧し警告する赤城さん。だが、弟の手術費用捻出のため移籍を決意していた。
その一方で、青梅達が鬼浜の様子を探る。探り込んだデンジレッドはボクサー達が捕えられている様を発見するが、逆に捕縛されてしまう。幸い、青梅が助けに来て事なきをえたものの、今度は達也が大金に釣られて攫われてしまう。

赤城さんは達也を救うため、死を覚悟して、ひとり生身での戦いに赴く。だが達也がボロボロにされてしまう。彼の代役として、銀河拳所属のKOジョーとデスマッチを行なう。
闘いの中、デンジリングをヘドラー将軍に奪われた赤城さんはピンチに陥る。ボロボロになり、吹っ飛ばされる赤城さん。それでも立ち上がるが、正体を現したキカイラーにボコボコにされる。
その時、達也はデンジリングをヘドラーから奪い返す。デンジレッドとなった赤城さんは怒りの鉄拳をベーダー達に浴びせる。
デンジマン五人も揃い、キカイラーを倒すのだった。

その後、救われた達也は、栄光を目指し走り続けるのだった。

感想
また赤城さんの主役回です。
少年を暖かく励ます赤城さんカッケェ・・・。そして、命をかけて、血みどろになって、弟分を救おうとする男らしさ。
東映さん、そろそろ、こういう終始男らしくカッコいい落ち着いたレッドを出してくれませんかねぇ?

ボクシングを楽しそうに応援なされるヘドリアン女王(7600歳)萌え。

youtube感想覚え書き(デンジマン)

2014.09.07 (Sun)
デンジマン37話
あらすじ

仲良く流れ星を見ていた黄山さん。その光に目を痛めてしまう。
その頃へドリアン女王は、星占いをしていた。夜空に輝く星を地獄の星を判ずるが・・。
緑川さんは急な突風に襲われ、青梅さんは突然水底から現れた手に引きずられ、傷を負う。
赤城さんは自ら囮となって敵の正体を探ろうとする。

デンジピンクは無人の霊柩車にレッドが付けられている様を発見。だがそれは罠だった。車に轢かれて重傷を負うあきら。
そして現れたのはバンリキ魔王。
ひとり残されたレッドは戦うが、その恐るべき強さに絶体絶命となる。幸いアイシーが謎の爆発を起こして窮地を救ったが。
アイシーが説明するところによると、蛇座の加護を受けし魔王は宇宙のあらゆる生命を憎悪し食らいつくし滅ぼし、べーダーさえも滅ぼしかねない恐ろしい敵だった。

へドリアン女王様に謁見する魔王。50年何も食べていなかったため、べーダーの卵さえも食べてしまった。ヘドラーは憤るが女王が留める。

蛇座をヒントに、赤城は一人魔王に立ち向かう。青梅達も傷ついた体で彼を追いかける。
四人で戦うデンジマン達。あきらもそのことを知り、デンジピンクとなって立ち向かう。
とりあえず等身大戦で撃退するが、巨大戦は珍しくダイデンジンが大苦戦。
出力を限界まで上げ戦うが互角だった。とりあえず、その場は魔王が退き、事なきを得た。
とりあえず、女王傘下に入るバンリキ魔王。果たして、その真意は・・・!?

感想
ちょ・・・w バンリキ魔王強すぎだろ・・・(汗) 何これ強すぎでしょ!?
役者がマッチョで、さらに強さが強調されます。
傷ついた仲間達に優しく声を掛ける赤城さんがカッコ良すぎる・・・! 傷を負ってまで戦う青梅さん達もかっこえぇ・・・!
星占い大好きなへドリアン女王様萌え。


デンジマン38話
あらすじ

マラソンをしていた若者がいきなりさらわれて監禁される。
その頃、街には不良が車で暴走していた。婦警チーコ達が追いかけるが突然彼等は消えてしまった。デンジマンも調査を開始するが、カマキラーによって異次元空間へ飛ばされてしまう。だが、べーダー基地に入ろうとしたため追い返される。
一方、バンリキ魔王は宮殿でやりたい放題。下品なカッコウで酒飲んで変なものをくっていた。恐れ多くもへドリアン女王様を「おばさま」と言い放ち、女王様を激怒させる。
カマキラーの企み、それは地球を異次元に送りこむものだった。
その頃飲んだくれでダメな大工親父が消えてしまう。息子の雷太は彼を心配するが、母は取り合わない。話を聞いた青梅は彼の話を信じ、デンジマンに頼んでやると力強く約束してやる。
その後、偶然異次元に入り込み、捕らえられた父親達を発見。父に逃げられるよう促され、どこでもドアみたいな扉に入る雷太。
彼は様々な空間を巡り、森や都市・村や街・様々な空間をさまよい歩く。それはカマキラーの仕業だった。
青梅も行方不明になった雷太の話を聞きつけ探し出すが、カマキラー達に捕まってしまい命乞いをする。だがそれは青梅の芝居だった。
わざと敵基地に潜入して、異次元転送装置を破壊。捕らえられた人々を無事救出に成功。そしていつものように戦いが始まる。
そしていつものようにカマキラーを撃退するのだった。 女王達をあざ笑うバンリキ魔王。
救出後、なかよくあんパンをたべる五人だった・・・。

感想
なんかメガレンジャーで似た話ありませんでしたっけ? この話のオマージュなんでしょうか?
青梅さんがカッコ良すぎる・・・! デンジマンはかっこいい男が多すぎですよ。
なんでなのか考えてみましたが、昔の特撮の特撮シーンはちょっとワンパターンになりがちなのが起因してるように思われます。
その分、昔の特撮はドラマ面でヒーローたちの魅力を魅せなければならなかったのでしょう。だからかっこいいヒーローが多かったのかもしれませんね。

ライブマンとかその辺から巨大戦は多様化し始めましたけど。

それにしても、ウルトラスーパー装置www ネーミングもっと考えろよwww

youtube感想覚え書き(デンジマン)

2014.09.07 (Sun)
デンジマン37話
あらすじ

仲良く流れ星を見ていた黄山さん。その光に目を痛めてしまう。
その頃へドリアン女王は、星占いをしていた。夜空に輝く星を地獄の星を判ずるが・・。
緑川さんは急な突風に襲われ、青梅さんは突然水底から現れた手に引きずられ、傷を負う。
赤城さんは自ら囮となって敵の正体を探ろうとする。

デンジピンクは無人の霊柩車にレッドが付けられている様を発見。だがそれは罠だった。車に轢かれて重傷を負うあきら。
そして現れたのはバンリキ魔王。
ひとり残されたレッドは戦うが、その恐るべき強さに絶体絶命となる。幸いアイシーが謎の爆発を起こして窮地を救ったが。
アイシーが説明するところによると、蛇座の加護を受けし魔王は宇宙のあらゆる生命を憎悪し食らいつくし滅ぼし、べーダーさえも滅ぼしかねない恐ろしい敵だった。

へドリアン女王様に謁見する魔王。50年何も食べていなかったため、べーダーの卵さえも食べてしまった。ヘドラーは憤るが女王が留める。

蛇座をヒントに、赤城は一人魔王に立ち向かう。青梅達も傷ついた体で彼を追いかける。
四人で戦うデンジマン達。あきらもそのことを知り、デンジピンクとなって立ち向かう。
とりあえず等身大戦で撃退するが、巨大戦は珍しくダイデンジンが大苦戦。
出力を限界まで上げ戦うが互角だった。とりあえず、その場は魔王が退き、事なきを得た。
とりあえず、女王傘下に入るバンリキ魔王。果たして、その真意は・・・!?

感想
ちょ・・・w バンリキ魔王強すぎだろ・・・(汗) 何これ強すぎでしょ!?
役者がマッチョで、さらに強さが強調されます。
傷ついた仲間達に優しく声を掛ける赤城さんがカッコ良すぎる・・・! 傷を負ってまで戦う青梅さん達もかっこえぇ・・・!
星占い大好きなへドリアン女王様萌え。


デンジマン38話
あらすじ

マラソンをしていた若者がいきなりさらわれて監禁される。
その頃、街には不良が車で暴走していた。婦警チーコ達が追いかけるが突然彼等は消えてしまった。デンジマンも調査を開始するが、カマキラーによって異次元空間へ飛ばされてしまう。だが、べーダー基地に入ろうとしたため追い返される。
一方、バンリキ魔王は宮殿でやりたい放題。下品なカッコウで酒飲んで変なものをくっていた。恐れ多くもへドリアン女王様を「おばさま」と言い放ち、女王様を激怒させる。
カマキラーの企み、それは地球を異次元に送りこむものだった。
その頃飲んだくれでダメな大工親父が消えてしまう。息子の雷太は彼を心配するが、母は取り合わない。話を聞いた青梅は彼の話を信じ、デンジマンに頼んでやると力強く約束してやる。
その後、偶然異次元に入り込み、捕らえられた父親達を発見。父に逃げられるよう促され、どこでもドアみたいな扉に入る雷太。
彼は様々な空間を巡り、森や都市・村や街・様々な空間をさまよい歩く。それはカマキラーの仕業だった。
青梅も行方不明になった雷太の話を聞きつけ探し出すが、カマキラー達に捕まってしまい命乞いをする。だがそれは青梅の芝居だった。
わざと敵基地に潜入して、異次元転送装置を破壊。捕らえられた人々を無事救出に成功。そしていつものように戦いが始まる。
そしていつものようにカマキラーを撃退するのだった。 女王達をあざ笑うバンリキ魔王。
救出後、なかよくあんパンをたべる五人だった・・・。

感想
なんかメガレンジャーで似た話ありませんでしたっけ? この話のオマージュなんでしょうか?
青梅さんがカッコ良すぎる・・・! デンジマンはかっこいい男が多すぎですよ。
なんでなのか考えてみましたが、昔の特撮の特撮シーンはちょっとワンパターンになりがちなのが起因してるように思われます。
その分、昔の特撮はドラマ面でヒーローたちの魅力を魅せなければならなかったのでしょう。だからかっこいいヒーローが多かったのかもしれませんね。

ライブマンとかその辺から巨大戦は多様化し始めましたけど。

それにしても、ウルトラスーパー装置www ネーミングもっと考えろよwww
 | HOME |  Next »